みんなで遊べる、新しいマリオ。

—公式サイトより

New スーパーマリオブラザーズ
New Super Mario Bros.
ジャンル アクション
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1人(マリオ)、2人(マリオVSルイージ)、1〜4人(ミニゲーム)
発売日 2006年5月25日
価格 4,800円(税込)
  

New スーパーマリオブラザーズ』(New Super Mario Bros.)は、任天堂の発売したニンテンドーDS用ゲームソフト。

概要[編集 | ソースを編集]

日本では『スーパーマリオUSA』以来14年ぶり(完全新作としては『スーパーマリオワールド』以来16年ぶり、外伝を含めば『スーパーマリオ ヨッシーアイランド以来11年ぶり)の2Dマリオ完全新作。

FCの『スーパーマリオブラザーズ』からシンプルかつ爽快な操作性をそのままに大幅にパワーアップ。美麗な3Dポリゴンで描かれるグラフィック、新たなアクションや変身、そして80もの新たなステージと、ボリュームと演出の双方が大幅に強化されている。

今作では通信機能を使った2人用の対戦モードが新たに登場したほか、『スーパーマリオ64DS』からミニゲームモードが続投。64DSから再録された一部のミニゲームに加えて1人用と対戦用の新作ミニゲームが多数収録されており、最大4人同時対戦が可能となっている。

ストーリー[編集 | ソースを編集]

ピクニックに出かけるマリオピーチ。すると突如キノコ城から黒い煙が上がり、雷が落ちてきた。マリオは慌ててキノコ城の様子を見に行くが、その隙にクッパJr.がピーチを攫ってしまう。マリオはクッパJr.を追い、冒険が始まった。

ゲームモード[編集 | ソースを編集]

マリオ
1人プレイ専用。クッパJr.を追い、ピーチを取り戻すべく冒険するいつものマリオ。
特定のコマンドを使用すると主人公を変える事ができる。
マリオVSルイージ
マリオとルイージでビッグスターを取り合う2人用対戦ゲーム。詳細は当該項目を参照。
ミニゲーム
全27種のミニゲームを遊べるモード。1人用の他ゲームによっては通信対戦も可能。詳細は当該記事を参照。

システム[編集 | ソースを編集]

ゲームシステムは『スーパーマリオブラザーズ』や『スーパーマリオブラザーズ3』のシステムを多く踏襲し、後のシリーズタイトルで採用されたヒップドロップや壁キックなど、アクションが追加されている。ゆえに過去の作品で登場したキャラクターも敵・味方含め数多く登場する。ステージ選択は『マリオ3』から続くマップ式であるが、本作では左右に移動するだけなのでシリーズ中でも比較的簡素なマップとなっている。

ゲームは上の画面でプレイ画面が、下の画面ではスコアやエリアの進度などが表示されるようになっている(土管をくぐって地面の下に行ったときなどは上下画面が入れ替わることがある)。通常下画面に1個アイテムをストックすることができる(タッチすれば使用できる)が、上下画面が入れ替わっている時は上画面にタッチ機能はないのでストックを取り出すことができない。グラフィックは全体的に3Dで描かれているが、移動方法はそれまでの2Dマリオゲームとほぼ同じである(つまりキャラクターは3Dで表現されるが奥行きの概念がない)。

変身に関してはファイア以外のものが大幅にリニューアルされており、無敵マリオでは『スーパーマリオワールド』のように敵を連続して倒すと徐々に得点が増えて最終的に1UPする仕様となり、これ以外にも全く新たな変身が3つ登場したが、代わりに空を飛べる変身は全面的に廃止されている。


コース[編集 | ソースを編集]

8つのワールドで構成され、それぞれのワールドには10程度のコース(ステージともいう)がある。各ワールドの中間にある塔と最後の城はステージ奥で待ちかまえるボスを倒すとクリアとなり次のワールドに進める。それ以外のエリアはゴール地点にある旗を掲げればクリアで、ポールにしがみついた位置が高いほど高得点が入る。またゴールした時のタイムが、一の位と十の位がゾロ目(ただし0は除く)だと『初代スーパーマリオ』のゴールの音楽が流れ花火が打ち上げ、一発ごとに4000点が入り、なおかつキノピオの家が作られる。9・8・7のゾロ目のときは、巨大キノコが出るキノピオの家が作られ、6・5・4のゾロ目のときは、数個の1UPキノコが出るキノピオの家が作られ、3・2・1のときは、スーパーキノコ・ファイアフラワー・青コウラ・マメキノコの4つの内のどれか1つが出るキノピオの家が作られる。

各エリアには制限時間が設定されており、ゲームが始まるとこの数値がカウントダウンし始める。カウントダウンのペースはより速い。この数値が0になるまでに、エリアをクリアしなければならない。制限時間が100を切るとそのことを示す効果音が流れ、BGMのテンポが速くなる。クリア時には残りの制限時間の数値が1カウントにつき50点として得点に加算される。

そして、最後のワールドにいるボス(クッパ)を倒すことでエンディングとなる。クリア後、WORLD1に青キノピオの家がつくられ、下画面の壁紙が変えることができるようになる。全てのコース及び裏コースをクリアし、かつ、全てのスターコインを集め、全て使い切るとオールクリアとなる。

セーブはワールド8をクリアするまでは、ボスのいるコース(塔と城)のクリア後か、スターコインを消費して道を開放した時か、ワールドマップのどこかにある大砲を使ってワープした場合にしかセーブ出来ないというスーパーファミコン版『スーパーマリオワールド』を思わせる仕様で、一度再開できる中断セーブも存在しないという携帯機としては比較的ハードな設定となっている。ワールド8を一度でもクリアすれば、マップ上でいつでもセーブ出来るようになり、セーブ後は進行状況そのままになってゲームオーバーになってもセーブした所から再開できる。

随所に通常のゴールとは異なる隠しゴールが存在し、クリアすることで裏コースに進むことができる。なお、ステージによっては特定のマリオではないと進めない裏ゴールも存在する。

さらに上述にある大砲をうまく使う事で、ワールド1からワールド8まで一気に最短で行ける。

なお、タイトルに「ブラザーズ」とあるが、ルイージは隠しキャラクターとなっており、LとRを同時押しでファイルを選択すると使えるようになる(能力はマリオと同じ)。また、エンディングがクリアしたコース数により若干変化したり、タッチパネルに表示される文字をタッチするとちょっとした仕掛けがあるなどの要素もある。

ワールド8のクッパを倒すと、マップ上のメニュー画面で特定のコマンドを入力することで「ひみつのチャレンジモード」が楽しめるようになる。

ワールド[編集 | ソースを編集]

それぞれのワールドには、中ボスであるクッパ Jr.との戦いがある「塔」のステージと、各ワールドの最後にあり(ワールド8のみ途中にもある)ボスとの戦いがある「城」ステージが存在する。

一部のワールドクリア時にマメマリオに変身していると向かうワールドが分岐する。

WORLD1 キノコ王国
キノコ城がすぐそこにある、キノコ王国が舞台。全8コース。チュートリアルを兼ねた簡単なコースが多い。ボスはクッパ
WORLD2 砂漠
見渡す限りの砂漠が舞台。遠くにはピラミッドが見える。全9コース。サンボトゲゾーが生息しているほか、流砂や飛び出す地面など特異な地形が存在する。ボスはサンボワーム。
このボスをマメマリオで倒すと裏ワールドであるワールド4へ向かい、それ以外だとワールド3に向かう。
WORLD3 南国
海の中に浮かぶ島が舞台。全9コース。水中コースが多く、このワールドよりお化け屋敷が登場しはじめる。ボスはボスプクプク。
WORLD4 ジャングル
ワールド2をマメマリオでクリアすることで到着する。
鬱蒼とした森が舞台。一部のコースには触れると即ミスの毒の沼がある。全10コース。ドッシーが生息している。ボスは突如巨大化したクリボーである、ボスクリボー。
WORLD5 雪国
雪の降る寒冷地帯で、一面白銀に染まっている。雪や氷のステージが多く、滑りやすい。全10コース。ボスはボスパックン
このボスをマメマリオで倒すとワールド7へ向かい、それ以外だとワールド6に向かう。
WORLD6 岩山
高くそびえる山が舞台。全11コース。崖を使ったステージが登場。また、砂漠、氷、ジャングル、浜辺、海をテーマにしたコースなど、それまでのワールドの仕掛けも再登場する。さらに、塔ステージが2つ存在する。ボスはチョロプーが乗り込む大型戦車、チョロプータンク。
WORLD7 雲の国
ワールド5をマメマリオでクリアするか、ワールド4のワープ大砲を使用することで到着する。
雲が広がる空の上。全11コース。ワールドの設定上、落とし穴や足場が無いステージが多い。途中から正しいルートを出現させないと、城のコースへ進むことができない。ボスは、ボスジュゲム
WORLD8 火山
最終ワールド。前述のように、塔だけでなく城も2つ存在し、1つのワールドに含まれるコース数としては最多である。
前半は枯れ木が立ち並ぶ荒野、後半は火山地帯である。後半は前半の城をクリアすると突如現れる仕組みである。全12コース。隠しゴールは一切なく、ショートカットできる分岐ルートは一切ない。また、キノピオの家も非常に少ない。
ボスは、最初の城は白骨化して復活したクッパ、ほねクッパ。最後の城(クッパ城)は、完全に復活したクッパとクッパJr.が同時に登場しての戦闘となる。

アクション[編集 | ソースを編集]

従来の走る、ジャンプするなどのマリオ(ルイージ)のアクションのほかに、新しいアクションが追加されている。また、マリオのジャンプは旧シリーズに比べ少しフワフワ、床をツルツルするなど多少の雰囲気の違いがあることがよく挙げられる。なおマリオがボタンでダッシュした際、ボタンを離してもしばらくはダッシュ状態が続くが、これはDSのボタン配置が少々アクション向けでないからと思われる。なお、ヒップドロップやカベキックは厳密にはスーパーマリオ64から登場している(2D系マリオでは初)。

スーパーマリオとファイアマリオに加えて、巨大マリオコウラマリオマメマリオに変身できるようになった。特にコウラマリオとマメマリオはいくつかの隠しゴールに進む為に必須である。

巨大マリオ
一定時間(約15秒)マリオが巨大化し、体当たりすることで敵やブロック、土管を破壊しながら進むことが可能(ただし体が大きすぎる為、ダッシュでもスピードは遅くジャンプもあまり高くならない)。壊した量に応じて画面上部のゲージが溜まり、効果が切れてスーパーマリオに戻る際(変身前の状態にかかわらず、スーパーマリオになる)最大5個の1UPキノコを手に入れることができる。この状態はスーパースター並みに強力で、ほとんどの攻撃は無効の上、ストックをうまく使えばクッパも含むボスは一回踏みつけるだけで倒せる。ヒップドロップするとクリボーかコインが降って来る。溶岩、毒沼に落ちた場合は変身が解けてそのままミスとなる。巨大化する十分な空間が確保できない、天井が低いときなどの場合は巨大化せずに巨大化する前に元の状態に戻る(巨大キノコはストックされる)。なお、先に進むのに必要な土管などは破壊できないようになっており、またゴール前のブロックと同じ場所に隠しブロックが用意されているなど、ほとんどのコースで変身後もクリア出来るよう設計されている。ちなみに変身状態でクリアするとポールが壊れる。
コウラマリオ
青いノコノコの甲羅を着たマリオ。走り続けると自動でノコノコやメットのように甲羅の中に入り地面を滑ることができる。代わりに、しゃがみジャンプが垂直にしか飛べなくなる。また水中面では他の状態よりも早く泳ぐことができ、横からの水流に逆らうこともできる。しゃがむことで甲羅に入りファイアパックンの炎、ファイヤーバーの炎、さらにはクッパの炎を防いだり、敵の進入経路を防ぐブロックになったりもする。また、転がっている間は殆どの敵を倒すことができ、地面に置いてあるレンガブロックを壊せる。道を塞ぐブロックを破壊することも可能。その大半は巨大マリオやボム兵などの仕掛けでも破壊可能であるが、狭さや敵配置などの状況により、コウラマリオでしか通れない場合も多々ある。甲羅で滑っている時はほぼ無敵(バブルなどのダメージは受ける)だが、スピードが早いため操作が追いつかず穴に落ちてアウトになることもある。3段ジャンプがしにくいこと、コウラダッシュで何匹敵に当たってもスコアが200点しか増えないこと、スターを取ってもコウラダッシュのスピードは上がらないのが欠点。ダメージを受けるとスーパーマリオに戻る。
マメマリオ
通常のマリオよりさらに小さくなることができる。敵にはヒップドロップしないとダメージを与えられなくなる。ジャンプが高くなり、またゆっくり落下するため滞空時間が長くなる。水の上を走ることもできる。またこのマリオでなければ通れない道や入れない土管も存在する。しかし他のパワーアップとは異なり、敵に触れたりダメージを受けると通常のマリオと同じ扱いでミスになってしまう。また、物が持てなくなる。
ヒップドロップ
下方向にヒップドロップ攻撃することが出来る。大きいマリオの場合は連続してブロックを破壊することが可能(通常のマリオ、マメマリオの場合は破壊できない)。なお、ヒップドロップで落下中に十字キーの上を押すと、ヒップドロップを中止できる(通常の状態で落ちる)。ちなみに、2pプレイでは、最大3枚のビッグスターを相手から出させることができる[1]
カベキック
壁を蹴って通常のジャンプでは届かない場所へ移動することができる。狭く縦長の場所であれば左右交互に壁蹴りすることで上方向へ進むことが可能。スターコインを取る際や穴に落下した際の復帰に便利。ステージクリアにはごく一部を除いて(6-4など)特に必要とされていないテクニックだが、このアクションを駆使しなければ取れないスターコインや隠しルートも存在する。

キャラクター[編集 | ソースを編集]

主要キャラクター[編集 | ソースを編集]

味方キャラクター[編集 | ソースを編集]

巨大ハナチャン
ワールド7に登場する巨大なハナチャン。上に乗って進むことが出来る。ただし足場が不安定で上に乗ったクリボーがBGMに合わせて急に左へ進むことがある。
ドッシー
ゴーグルをした首長竜のようなキャラクター。上に乗って毒沼を進むことが出来、ヒップドロップで速くなる。
キノじい
『マリオ3』同様キノピオの家があり、そこで各種アイテムをくれる。赤いキノピオの家のルーレットブロックの絵柄は、スーパーキノコ⇒ファイアフラワー⇒青コウラ⇒マメキノコの順に繰り返し変化していく。ちなみに、キノピオの家だがアイテムをくれるのはキノじいである。

敵キャラクター[編集 | ソースを編集]

マリオシリーズのキャラクター一覧#New スーパーマリオブラザーズ」を参照

アイテム[編集 | ソースを編集]

パワーアップアイテムはステージ中で変身中で取ると1つストックできるが、変身種類によってストックできる物は変わり、ストックしているアイテムが変わることがあり、いいアイテムほどストックの優先が高い。

ストックの順番は、スーパーキノコ<ファイアフラワー<青コウラ=マメキノコ<巨大キノコになり、右へ行くほどいいアイテムとなる。例えば、コウラマリオでファイアフラワーをストック中で、青コウラを取るとファイアフラワーから青コウラにストックされる。青コウラをストックしていると、ファイアフラワーを取っても青コウラが優先になり、青コウラからファイアフラワーに変更することはできない。

なお、コウラマリオ・マメマリオ・巨大マリオの詳細については#アクションを参照。

スーパーキノコ
取るとスーパーマリオに変身。上から叩いたりヒップドロップでレンガブロックを壊せるようになる。ダメージを受けるとチビマリオに戻る。今作は10カウントコインブロックで10コイン以上出した時でも入手できる。ストックできるのはスーパーキノコのみ。
ファイアフラワー
取るとファイアマリオに変身。スーパーマリオの能力に加え、ファイアボールを投げられるようになる。ファイアボールを敵に当てるとコインが出る。ダメージを受けるとスーパーマリオに戻る。ストックできるのはスーパーキノコ・ファイアフラワーの2つ。本作では白い服に赤いオーパーオールという姿である。
青コウラ
取るとコウラマリオに変身。青コウラは?ブロックからでは入手できず、ワールドマップ中にある赤いパタブロックかハンマーブロスがマスにいるコース、コース中に登場するルーレットブロック、マップ上のキノピオの家から入手できる(マリオVSルイージでは青いノコノコから手に入れることも可能)。ストックできるのはスーパーキノコ・ファイアフラワー・青コウラの3つ。コウラマリオに変身中はファイアマリオに変更することはできない。なお説明書や公式サイトには「こうら」と表記されているが、ノコノコなどのコウラと紛らわしいためか攻略本などでは「青こうら」「青コウラ」という表記を使用している。
マメキノコ
取るとマメマリオに変身。マメキノコは特定のコースの?ブロックで入手するほか、青コウラと同じ入手法で手に入る。ストックできるのはマメキノコのみ。
巨大キノコ
取ると一定時間、巨大マリオに変身する。巨大キノコは特定のコースの?ブロックで入手できる。巨大キノピオの家で入手すれば、いつでも巨大キノコを使用できる。また、巨大マリオの時に巨大キノコを取るとストック可能。ストックできるものは全てストックできる。後に、『マリオカートWii』のアイテムとして登場。
スーパースター
取ると約9秒間、無敵マリオに変身する。無敵状態で敵を8匹以上倒すとそれ以降で1UPが連続でもらえ、移動スピードがとても速くなる。ストックは不可で、キノピオの家でも入手不可。また、スーパーマリオブラザーズ3に登場する「連続スターブロック(通常はコイン1枚だが、スターの状態で叩くとスーパースターが出るブロック)」も存在する。
1UPキノコ
取ると残機数が1人増える。スコアは増えない。

仕掛け[編集 | ソースを編集]

ハテナブロック
叩いたり、ヒップドロップするとコインやアイテムが出てくる。ヒップドロップすると下にアイテムが出てくる。お化け屋敷には、叩くとアイテムが斜めに飛び出すほか、テレサが出てくるものもある。
レンガブロック
スーパーマリオ以上で下から叩いたり、ヒップドロップすると破壊できる。コインやアイテム、特定のステージではスイッチが入っている物も存在し、これは壊れない。
連続コインブロック
外見はレンガブロックと同じだが、連続で叩くとコインがどんどん手に入る。スーパーマリオ以上でヒップドロップで十字キーの下を押しっぱなしにすると、最大で14枚も手に入る。10枚以上コインを取るとスーパーキノコが出てくる[2]。なお、最大で20枚まで手に入る。
パタブロック
羽が付いたハテナブロック。黄色と赤の二種類ある。黄色はステージ中で登場してコインやアイテムが入っていて、赤はワールドマップで移動していってコースマスに重なると出現し、中にファイアフラワー・青コウラ・マメキノコ・巨大キノコ・1UPキノコのどれか一つ入っている。叩くと、ワールドマップ上からなくなるが、スコアが5万点以上獲得するたびに復活する。
ルーレットブロック
ブロックの中にあるアイテムがルーレットで動いており、叩くと表示されているアイテムが出てくる。ルーレットの絵柄はスーパーキノコ⇒ファイアフラワー⇒スーパースター⇒(青コウラ or マメキノコ)の順に繰り返し変わっていく。
スピンジャンプ台
上に乗ると回転して、ジャンプすると大きく上がってスピンジャンプする。スピン中は落下速度がゆっくりになり、十字キーの下を押すとドリルのように落下し(ドリルキック)、チビマリオでもレンガブロックを壊せる。
大砲土管
外見は土管と同じだが、中に入ると発射されて飛ばされる。ボーナスステージに行く、先に進む、などに使われる事が多い。中には役に立たない大砲土管もある。通常の土管と違って、巨大マリオの時でも壊れない。なお『スーパーマリオワールド』にも似たものが登場するが、こちらは土管に入ると別の土管から飛ばされるもので、同じ土管から発射されるものは今作が初である。
スイッチブロック
全部で3種類あり、踏む(逆さ向きの場合は下から叩く)とさまざまな効果が発生する。制限時間(約9秒)があるものが多い。
「P」スイッチはレンガブロックとコインが入れ替わったり、青コインが出現する。
「!」スイッチは点線ブロックが赤いブロックに実体化する。
「?」スイッチは場所によっていろいろな効果が発生する(主に地形が変化することが多い)。
トゲ
ぶつかると1ダメージ。トゲの側面には当たってもダメージはない。
溶岩
落ちると1発でミス。塔や城のステージに多い。上昇する溶岩もある。なお敵が溶岩に落ちると復活しなくなる(例外あり)。
落とし穴
いろんなステージにある。落ちたら1発でミス。
トゲ鉄球
マリオに向かって転がってくる。あたったら1ダメージ。敵キャラも倒す。
巨大トゲ鉄球
トゲ鉄球よりも動きが遅い。ブロックを壊して転がってくる。上にロープがある物もある。敵キャラ及びトゲ鉄球も倒す。
ファイアバー
回る障害物。コウラマリオのしゃがみで回避が可能。
トゲ棍棒
上から落ちてくる柱。当たったら1ダメージ。横から出てくることもある。『スーパーマリオワールド』のヤリと似ているが、スーパーマリオ以上で当たってすぐにミスになることはない。
火山岩
8-8に登場。背景の火山から降ってくる。地面に落ちると砕ける。ブロックを破壊することもある。
動く壁
縦向きに動くものと横向きに動くものがある。別の壁などの間に挟まれると即ミスになる。
毒沼
主にワールド4にある紫色の水で、溶岩と同じく落ちたら1発でミス。
丸太
マリオが乗ると手前方向に回転し、ずっと乗ったままでいると毒沼に振り落とされる。ファイアマリオで敵を倒した後に出てくるコインやアイテムが丸太の上に落ちると、マリオが乗っていなくても回転する。
竜巻
巻きこまれると強制的にスピンジャンプ状態になる。
バーナー
点いたり消えたりする炎が長いものと、炎は短いがずっと点いているものがある。
グルグル
トゲ鉄球が付いたバー。鉄球は進行方向とは逆に回る。鉄球以外の部分に当たってもダメージを受けない。
飲み込まれるとミスになるが、ボタンを連打して泳げば飲み込まれることはない。また、飲み込まれることで隠しエリアにいける物もある。

余談[編集 | ソースを編集]

  • このソフトはニンテンドーDSの発売前からその開発が明らかにされており、既に発売前の任天堂配布のフリーペーパーの開発中リストには『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』や『ファイナルファンタジーIII』などと共にその名前がラインナップされていたが、当初は『スーパーマリオ64DS』の続編として開発されていたらしく、当時のスクリーンショットや動画には現在とは違うグラフィックやロゴマーク、スーパーマリオ64DSに登場する敵やブロックが存在しており、また通常のコースでもマリオとルイージでの2人同時プレイが出来るなど発売時とは大幅にゲーム内容が異なっていた[3]。その後「誰でもできる、新しいマリオ」にコンセプトが変更されたためか、当初公開されていたステージ等はほとんどが没になっている。なお、マリオなどのボイスやミニゲーム等がスーパーマリオ64DSと共通しているのは続編として開発されていた名残だと思われる。また、多人数での同時プレイは本作の続編である『New スーパーマリオブラザーズ Wii』で実現している。
  • 本作のCMには女優の松嶋菜々子が出演し、ベッドで実際にプレイしている姿が放映された。
  • 日本ゲーム大賞2007年度優秀賞受賞。ファミ通アワード2006では優秀賞(リアレンジ賞)を受賞した。その際、授賞式でディレクター足助重之氏は受賞のコメントで、感謝の言葉を述べると共に「リメイクでもなく、アレンジでもなく、まったくの新作のつもりで作りました」と、あくまで新作ソフトであるということを強調したコメントを述べている[4]
  • 2010年11月に日本ゲーム市場での売上本数が600万本を突破したことが確認された(ただし、エンターブレインの調査では同年12月に売上本数601万本とややずれがある)[5]。2020年8月時点での売上本数は642万本で、これは日本におけるニンテンドーDSの最高売上ソフトであり、日本のゲーム史上においてもソフト単体としては『あつまれ どうぶつの森』(818万本)、『スーパーマリオブラザーズ』(681万本)に次いで第2位の売上記録である(複数バージョンある作品の合計を含めると『ポケットモンスター 赤・緑』(822万本出荷)、『ポケットモンスター 金・銀』(608万本)に次いで第5位)。

攻略本[編集 | ソースを編集]

注釈[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

テンプレート:Link FA テンプレート:Link GA テンプレート:Link FA

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。