マリオペディア
Advertisement
マリオペディア

MARIO IS MISSING!は、1990年代にMS-DOS、SNES、NES、MAC向けに発売された教育ゲーム。

概要[]

1990年代に海外で発売された地理学習用ゲーム。1992年にMS-DOS版、1993年にSNES版とNES版、1994年にMAC版が発売された。PC、SNES、NESのそれぞれのバージョンは移植の関係にはなく、全く別物のソフトである。

海外限定である上ライセンス以外では任天堂は全く関わっていないものの、公式に発売されたものの中ではルイージが初めて主役を務めたゲーム。任天堂発売のルイージが主役のゲームは、2001年にニンテンドーゲームキューブで発売された『ルイージマンション』まで待つことになる。

内容は、世界中の街をジャンプアクションで回りながら、地理に関するクイズを解くというものになっている。子供が地理を学ぶための教材としては、そもそも知識に数え切れないほどの間違いがある、クイズの出題範囲が偏っている、ゲーム性を保つために課されたシステム上の制限で快適な学習ができないといったように褒められた出来ではない。一方アクションゲームとしても学習要素とのバランスを取ろうとした故か、非常に低難易度になっている。

ストーリー[]

今回クッパが目をつけたのは、マリオワールドではなく我らが現実の世界。南極に建てられた城から遠隔輸送・窃盗システムを用いて、クッパ軍団は世界中へ侵略し、観光地の破壊や古の芸術品の略奪など各地で悪事を働いた。クッパの作戦は、奪い取った名物から得た資金でヘアドライヤーを買い占めし、南極の氷を溶かして、地球を海に沈めてしまおうというものだったのである。

勿論これに対して黙っていなかったのがおなじみマリオ。ルイージとヨッシーを連れクッパ城に向かうが、罠にかかって囚われの身となってしまった。残されたルイージはヨッシーと協力し、奪われた名物を各地に返還しクッパの野望を止めるため、そしてマリオを助けるため世界中を旅することになる。

Advertisement