マリオペディア
Advertisement
マリオペディア

Hotel Mario(ホテルマリオ)は、1994年に海外で発売されたCD-i用のアクションパズルゲーム。

概要[]

スーパーファミコンのCD-ROM化が頓挫した後、アメリカのフィリップス社がライセンスを得て開発した任天堂公認のCD-i用ソフト。他にも「Super Mario's Wacky Worlds」、「Mario Takes America」、その他ドンキーコングが登場するゲームの発売が予定されていたが、最終的に本作のみが世に出た。なお、マリオシリーズ外ではゼルダの伝説シリーズから3作が発売されている。
CD-iがほとんど売れなかったハードであるため日本での知名度は低い。ライセンス以外に任天堂は関与していないため、現在公式で取り扱われることも全く無い。

ストーリー[]

マリオルイージピーチ姫にピクニックに誘われキノコ王国に向かう。
しかしそこはクッパ軍団に乗っ取られており、「Club bowser Resort」というリゾートに作り変えられていた。
マリオとルイージは「永遠の客」としてさらわれたピーチ姫を救うべく、手下たちが守る7つのホテルの攻略に挑む。

システム[]

各ステージは複数階建てになっていてドアが並んでおり、エレベーターで行き来することができる。敵の撃破状況にかかわらず、全ての階の開いたドアを閉めるとステージクリア。敵はこちらに直接攻撃してくる他、閉まったドアを開けて妨害もしてくる。ドアは敵の攻撃をやりすごすのにも使える。ジャンプで敵を避けることもできるが頭が上の階に貫通してしまうので、敵がいた場合はそれに当たってしまう。

各ホテルの最終ステージはクッパ7人衆が守っており、こちらは2回踏むと倒せるがすぐに復活する。エレベーターに入って階を行き来することもでき、中で鉢合わせると食われてしまう。

各ホテル攻略前を始めとする各所にアニメーションが挟まれるが、その出来が低品質であるとしてファンの間では一種のミームになっている。一方、キャラクターが頻繁に直接プレイヤーに語りかけてくるという稀少な演出もある。

登場キャラ[]

メインキャラ[]

ザコ敵[]

以下は本作オリジナルキャラクター。

  • Bellhop Goomba - ベルボーイの衣装のクリボー。何かにぶつかると向きを変える、閉まったドアからも出てくるといったように強化されている。
  • Pat the Bat - 自由奔放にホテル中を飛び回るコウモリ。画面下から無尽蔵に湧き出てくる。
  • Penny - コインに化けていて、近づくと顔と足が現れ動き出す敵。
  • Rhinestone Goomba - フサフサの髪が生え、セレブのスーツにサングラスを着けたクリボー。動きが速くジャンプもする。
  • Z Koopa - シャツに蝶ネクタイを着込んだ黒いコウラのパタパタ。斜めに飛ぶ従来の種とは異なり、ジグザグに飛ぶ。

ボス[]

ホテル[]

ホテル1 Morton's Wood Door Hysteria Hotel
大樹の中に作られたホテル。敵もドアも少なく、大まかな操作に慣れることができる。とある部屋の土管を使えばホテル3までワープできる。ボスはモートン
ホテル2 Roy's HardBrick Hotel
レンガ造りのホテル。定期的にエレベーターの上下が反転する他、頻繁に停電が発生して視界が悪くなる。とある部屋でイベントをこなすと停電が解消される。ボスはロイ
ホテル3 Larry's Chillton Hotel
氷の洞窟のホテル。床が凍っていて滑る上、自分がいる階以外が暗くなる。とある部屋の土管を使えばホテル6までワープできる。ボスはラリー
ホテル4 Lemmy's High-ate Regency Hotel
雲の上に建っているホテル。キラーやパタパタなど、階を無視して飛んでくる敵が牙を剝く。さらに雲が湧き出て視界を遮ってくる。ボスはレミー
ホテル5 Ludwig's Thump Castle Hotel
不気味な幽霊城のホテル。定期的にドアが勝手に消えたり現れたりする。とある部屋でイベントをこなすと解消される。ボスはルドウィッグ
ホテル6 Wendy's Blitz Snarlton Hotel
煌びやかで豪華なホテル。1ステージで2画面分攻略しないといけなくなり難易度が跳ね上がる。道端に落ちているコインは全て偽物の敵。ボスはウェンディ
ホテル7 Bowser's Seizures Palace Hotel
いわばクッパ城ともいえる炎のホテル。ほぼ全ての敵が集結する総まとめのステージ。燃えている部屋は入って身を隠すことができない。ボスはイギークッパ

余談[]

  • ロード画面には、日付に応じて「HAPPY NEW YEAR」「HAPPY VALENTINES DAY」などの特殊なメッセージが表示される。英語バージョンとフランス語バージョンで差異がある。
  • フィリップスは2014年5月に、Wiiリモコンの操作システムが自社の特許を侵害しているとして、任天堂を相手に海外で裁判を起こしていた。同年12月にクロスライセンス契約で和解している。

関連リンク[]

Advertisement