マリオペディア
Advertisement

野原(のはら、Golden Plains)は、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズに登場する対戦用ステージ。

概要[]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』で初登場した、『New スーパーマリオブラザーズ 2』をモチーフにしたステージ。ステージ自体はリフトやトランポリン、土管など基本的なパーツが並んだ草原ステージだが、最大の特徴は原作の特徴でもある「コインをあつめること」にある。

ステージ中にコインがびっしりと配置されており、ファイターが触れるとコインを回収する。100枚集めると全身が金色になりパワーアップする「ゴールド化」という専用の状態変化が発生し、戦況が有利になる。赤リングに触れると赤コインが8枚出現し。Pスイッチに触れると青コインが画面中を埋め尽くす。

ときおりステージに矢印が出現し、その方向に画面がスクロールする。

登場作品[]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS
初登場作品。「終点化」をするとステージの端に土管が建てられた平坦な地形になり、コイン等のギミックが消滅する。
終点化をしたステージは、フィールドスマッシュの最終戦のひとつ「VS敵軍団」でマリオシリーズの敵キャラクターが出現する際のフィールドとしても使用されている。
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
前作は集めたコイン枚数は画面左上に出現していたのが、本作は全員が同じ画面を見る場合もあるため各ファイターのダメージバーのそばに表示されるようになった。
終点化の形状は本来の「終点」ステージにより近づく空中足場となり土管が消滅。
「ゴールド化」の状態変化がモンスターボールから出現する"ゼルネアス"のわざでも発生するようになるほか、スピリットバトルでは対戦相手に常時付与されている場合がある。

BGM[]

関連記事[]

Advertisement