マリオペディア
Advertisement
Non mario.gif この記事はマリオシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、マリオペディアではマリオ関連についてしか記述していません。また、編集の際はマリオに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。


岩田 聡いわた さとる、1959年12月6日 - 2015年7月11日)は、日本のゲームクリエイター、プログラマー、実業家。最終役職は任天堂株式会社の代表取締役社長。

概要[]

北海道出身。大学生時代にHAL研究所の創設メンバーとしてアルバイトで参加し入社、同社の代表取締役社長や任天堂の代表取締役社長を歴任した。2015年没、享年は55歳。

来歴[]

プログラマとしての技術力も非常に優れる。高校生時代にはプログラムのできる電卓を用いてゲーム開発をしていたり、売り物のコンピュータでプログラムをしていた人物のミスを指摘したことがきっかけでHAL研究所設立の人脈ができたりなど、若かりし頃からその才能をいかんなく発揮。PCほど高価ではないのにゲームが遊べるという点からファミリーコンピュータに強い興味を持ち、『ピンボール』『ゴルフ』『バルーンファイト』など初期の任天堂発売のタイトルの開発をHAL研究所で請け負う。宮本茂との初の共同開発は1988年『ファミコングランプリII 3Dホットラリー』。

1992年にHAL研究所が多額の借金を抱え経営不振に陥り、その翌年に代表取締役社長に就任する。『星のカービィシリーズ』などヒット作が生まれたことと、相手の立場に立って考える思想からなる優れた経営手腕により、約15億円という多額の負債をわずか6年で完済する[1]。2000年には山内溥にその経営手腕を買われ任天堂に入社し、第4代の代表取締役社長となる。

ニンテンドーDSWiiといった、従来のゲームユーザー以外にも広く支持されるゲームハードを数多く世に送り出し「ゲーム人口の拡大」に非常に大きく貢献。広い世代に目を向けた「Touch! Generations」を展開し『脳を鍛える大人のDSトレーニングシリーズ』『やわらかあたま塾シリーズ』『Wii Sports』などミリオンセラータイトルを数多く輩出した。DSとWiiなどハード間の連動や、映画館でのポケモンの配布など、別々のメディアを結びつけるシステムにも積極的に取り組んだ。発売ゲームの開発スタッフにインタビューを伺いゲームの裏話や魅力、開発時の苦労に迫る「社長が訊く」という取り組みも行った。

2011年からは、新情報を第三者メディアにより歪曲して報道される問題を改善するため[2]、岩田自らがゲームの最新情報を"直接"発信する「Nintendo Direct」を実施。死去直前の2015年4月2日のNintendo Directで任天堂広報室の森本英機と交代するまで登壇した。

2015年3月にはDeNAとの業務・資本提携でスマートデバイス向けタイトルの共同開発を行うことや、新ハード『NX』の発表も行ったが、胆管腫瘍が急性に悪化し同年7月11日に急逝した。

ゲームへの登場作品[]

メイド イン ワリオ
ワリカセステージ・レベル3以上のときのコーヒーブレイクでテレビ画面内に登場。
おどる メイドイン ワリオ
ナインボルトステージに登場するおもちゃ屋「トイ エクスプレス」で商品を販売している「てんちょう いわた」として登場。プチゲーム中は顎から下しか映らず人物がわからないが、初回プレイ時のエピローグでは顔がはっきりと映る。
また、スタッフロールでは参加スタッフが全員Miiとして登場するため等しく登場。
神次元ゲイムネプテューヌV
超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1
神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY
各社の著名ゲームクリエイターを大胆にパロディした敵キャラクターが節操なく登場。岩田聡とクリボーをモチーフにした「きのこくん」というモンスターが登場する。

脚注[]

関連記事[]

  • Touch! Generations
  • 社長が訊く
  • Nintendo Direct
Advertisement