マリオペディア
Advertisement
マリオペディア
Non mario.gif この記事はマリオシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、マリオペディアではマリオ関連についてしか記述していません。また、編集の際はマリオに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。

大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ(Super Smash Bros.)とは、任天堂により発売されている対戦型アクションゲームシリーズ。

概要[]

任天堂が発売したゲーム(+α)に登場するキャラクターたちが一堂に会しバトルを繰り広げる対戦型アクションゲーム。当時ハル研究所に所属していた岩田聡星のカービィシリーズの生みの親である桜井政博が中心となって開発し、1999年にNINTENDO64向けに第一作目が発売されて以降、任天堂据え置きハード各種の目玉タイトルとして毎作ヒットを飛ばすこととなる。2003年に桜井政博がハル研究所を退社して以降は『大乱闘スマッシュブラザーズX』の開発をゲームアーツが、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』以降の開発をバンダイナムコが担当している。

マリオシリーズは任天堂の顔として全作品に登場しており、参戦ファイターや対戦ステージ、アイテムや敵キャラクターなど様々な要素が起用されており、また大乱闘スマッシュブラザーズシリーズに登場した要素がマリオシリーズに逆輸入されるケースもある。

作品一覧[]

ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ - NINTENDO64 1999年1月21日発売
初代作。マリオドンキーコングヨッシールイージがファイターとして参戦。いずれもシリーズ皆勤賞。
大乱闘スマッシュブラザーズDX - ニンテンドーゲームキューブ 2001年11月21日発売
ピーチクッパドクターマリオがファイターとして新規参戦。アドベンチャーモードの敵キャラクターとしてクリボーノコノコなども登場。
大乱闘スマッシュブラザーズX - Wii 2008年1月31日発売
ワリオディディーコングがファイターとして新規参戦。新アイテム・アシストフィギュアとしてワルイージジュゲム&トゲゾーが、アドベンチャーモード「亜空の使者」のボスキャラクターとしてボスパックンが登場。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS - ニンテンドー3DS 2014年9月13日発売
シリーズ初の携帯ゲーム機用タイトル。ロゼッタ&チコクッパJr.がファイターとして新規参戦。固有モード「フィールドスマッシュ」の敵キャラクターとしてマリオシリーズから多くの敵キャラクターが登場。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U - Wii U 2014年12月6日発売
ファイター構成は『for Nintendo 3DS』と変わらないが、グラフィックやステージ、観賞用フィギュアのラインナップなどが大きく異なる。
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Nintendo Switch 2018年12月8日発売
デイジーキングクルールパックンフラワーがファイターとして新規参戦。過去作に登場したステージの多くが復刻され、新要素「スピリッツ」として新旧様々なキャラクターが出演。

マリオシリーズへの逆輸入[]

ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ[]

大乱闘スマッシュブラザーズDX[]

大乱闘スマッシュブラザーズX[]

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U[]

脚注[]

関連項目[]


Advertisement