ルドウィッグLudwig von Koopa)は、マリオシリーズに登場するキャラクター。

概要[編集 | ソースを編集]

クッパ7人衆の一人。左右に広がった青い髪型と、口の中央から生えた一本の歯が特徴。持っている杖の宝石の色は青で甲羅も青。7人の中では最年長。7人衆でも頭脳派で、リーダー格と思い込んでいるが他のメンバーからはそうは思われていない模様。
クッパ7人衆がコクッパとして初登場した『スーパーマリオブラザーズ3』で7人衆最後に登場した影響か、以降の作品でも7人衆の最後のボスを務めることが比較的多い。行動パターンも作品によって様々だが、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』での再登場以降はふんばりジャンプをよく使う。
CVは『New スーパーマリオブラザーズ Wii』以降はマイク・ヴォーン(Mike Vaughn)、『マリオカート8』以降はデイヴィッド・J・ゴールドファーブ(David J. Goldfarb)。

登場作品[編集 | ソースを編集]

スーパーマリオブラザーズ3 / スーパーマリオコレクション / スーパーマリオアドバンス4
他の6人と共に「コクッパ」として初登場。ワールド7「土管の国」のボスとして登場し、王様をパックンフラワー(リメイク2作ではヨッシー)の姿に変えて魔法の杖を奪っていた。ロイと同じく地響きを使うが、ジャンプの頻度は増え、地形もより複雑。甲羅攻撃の着地時にも地響きが起こる。
他の7人衆同様日本版発売時には名前がなく、アメリカ版発売時に米任天堂のスタッフによって名前がつけられた。
スーパーマリオワールド / スーパーマリオアドバンス2
ワールド4「せんべい山」のボスとして登場。炎を吐き、踏まれると甲羅攻撃の後、スーパーファミコンの回転機能を活かした大ジャンプをする。他の7人衆と戦法が被っていない。この作品では髪や甲羅が黄色。
New スーパーマリオブラザーズ Wii
オープニングで7人衆全員で誕生日ケーキの中から登場。ワールド7の砦と城のボス。砦で出会った際はマリオがたどり着いたことに驚きながらも、何かを企み不敵に笑う。ホーミングする魔法弾を放ってはふんばりジャンプで空中を移動、マリオを踏みつけようとして来る。一度ダメージを与えるごとに甲羅に入ってスピン攻撃をしてくる。ダメージを与えるごとに踏ん張る回数が増える。城での戦いではカメックが魔法をかけ、3つの小さなリフトが出現。足場が悪い。扇状に魔法弾を放った後に高くジャンプしてマリオのいるリフトに着地してくる。踏んだ後すぐにリフトを離脱しないと、狭い範囲の甲羅攻撃でダメージを受けやすい。2回踏みつけると魔法弾を放つ回数が2回になる。エンディングでは他の7人衆と共にひっくり返ったクッパを起こしている。
New スーパーマリオブラザーズ 2
オープニングでクッパクラウンにしがみつき登場。ワールド5のボス。ふんばりジャンプで鎖にしがみついて扇状に魔法弾を放つので、下の土管大砲で打ち抜くと目を回すので、その隙に踏みつける。踏みつけるごとに魔法弾は増え、2回踏みつけた後は鎖を揺らす。
6-城ではオープニングと同じようにクッパクラウンにしがみつき登場。マリオを石化させようとしてくる他、一度倒れたクッパに魔法をかけたが、復活した巨大なクッパに吹っ飛ばされた。
New スーパーマリオブラザーズ U/New スーパールイージ U/New スーパーマリオブラザーズ U デラックス
オープニングで自身の顔がついた飛行船に乗り登場。ワールド7「マシュマロうんかい」のボス。分身して空中から魔法弾を放ってくる。本物は魔法弾の数が多い。最初は着地時に分身が消えるが、1回踏みつけた後は着地しても分身が残って攻撃してくる。
スーパーマリオメーカー 2
2020年4月22日の大型アップデートver3.0.0で追加。『New Wii』で使ったふんばりジャンプで移動し、扇状に魔法弾を放つ。羽を付けるとふんばりジャンプの代わりに羽ばたいて滞空時間が上がりm、空中からも魔法弾を放つ。画面内に7体まで配置可能。
マリオカート8 / マリオカート8 デラックス
隠しレーサーとして初参戦。キャッチコピーは「目立ちたがりの悪役ヒーロー」。中量級。3DS パックンスライダーではスタッフゴーストになっている。このステージは土管があってパックンフラワーがおり、『マリオ3』での「土管の国」を意識しての選出と思われる。
マリオカート ライブ ホームサーキット
CPとして登場。登場時のムービーではウェンディに対してかっこつけ、小突かれている。
マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX
ゲームにセリフを伴って登場するのは初めて。一人称は「ワタシ」で、「ワッハッハ」と笑う。ニテルデ諸島の地下のクッパ城に続くドカンの中にラリーと共に待機し、マリオ達に通行パスを要求した。終盤、ネオクッパ城で他の7人衆と共に再登場。
戦闘ではこちらと同じようにダークスターポイントを貯め、バトルカードを使ってくる。ある程度ダメージを与えるとヒコウキジャンプ防御のイベントが発生し、ヘイホーが巨大な爆弾を持って追いかけてくる。ラリーを先に倒すと、即死級の強力な魔法攻撃を使ってくる。再戦時にはこちらをマメにするカードを新たに使ってくる。
ペーパーマリオ カラースプラッシュ
ペーパーマリオシリーズには初登場。コバルトドックにいて青の大ペンキスターを守っていた。青ペンキスターを賭けた決戦を「求めていた展開」と言って熱くなったり、負けた際には潔く負けを認めたりと、戦闘において様式を大事にしている様子が見られる。
戦闘前半では巨大戦艦「スーパー・ルドウィッグ・グレートラーニング・ヴァーリアス号」から大砲を放ってくるので、しっぽバトルカードの効果ではね返してダメージを当てる。戦闘が進むとパタパタガボンを呼び出す。
ルド号を破壊すると、中から潜水艦「スーパー・ルドマリン」が出現。ミサイルで攻撃してくるが、この形態ではこれを跳ね返してもすぐ水中に潜ってしまうので攻撃が当たらない。モノカード「フウセン」で引き上げることでダメージを与えられるようになる。引き上げないでいるとカウンターが非常に困難な上高威力な「さみだれ流星群」を放ち、こちらを即死に追いやってくる。ルドマリン号を破壊した後は直接対決になるが、本人の体力は高くない。
なお戦闘後の発言から、プレイヤーだけでなくマリオ本人もペーパーマリオシリーズの世界ではまだルドウィッグと戦ったことがなかった可能性がある。
マリオ&ルイージRPGマリオ&ルイージRPG1 DX
クッパ城で戦うクッパ7人衆の4番目として登場。ストーリー序盤のコッキョージャンプのようにルドウィッグの甲羅攻撃を避ける。その後一度撤退するが、部屋を出る前に後ろから襲ってくる。リメイク版ではセリフがある。
その後の戦闘はリメイク前後で大きく異なる。使用技は火炎攻撃、甲羅に入ってのスピン攻撃、回転する攻撃を使う。リメイク版では巨大な魔法弾を上空に放ち、小さい魔法弾を打ってくる。小さい魔法弾をハンマーで打ち消しながら、最後の巨大な魔法弾を弾き返すと勝利。
クッパ軍団RPG」でも登場。ウフマウンテンで出会った際にはレミーと共にクッパを捜索していて、クリボー隊長を「しゃべる石ころ」と嘲笑った。クッパ城でゲラコビッツに洗脳された状態で登場し戦うことになる。えんきょりタイプで攻守のバランスが良い。攻撃時には杖から青い魔法弾を放って攻撃する。
マリオ&ルイージRPG3 DX
クッパJr.RPG』に登場。他の7人衆と共にクッパJr.に戦い方をレクチャーする。冒険の途中クッパ城に異変を感じ離脱、ムチオを「ルドウィッグ人形ちゃん」を使って騙し討ちし、自身がムチオに変装してスパイをしていた。そこで「クッパJr.にサプリの材料を集めさせて軍団を操り、キノコ王国を征服しようとしている」「モートンはすでに操られている」という情報とメザメ草を入手、さらにメンバーを一人ずつ叩くために「ルドウィッグは森にいる」とウソをついてキュットを森までおびきよせた。このように知的な面が目立つ一方で、突然スーリムとかっこつけ合いを始めたりとナルシストな面も見られる。
パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション
ワールド7のボスとして城と飛行船に登場。火属性。
Hotel Mario
5面「Ludwig's Thump Castle Hotel」のボスとして登場。閉めるドアの数は17。床を貫通する電撃を斜めに飛ばして攻撃してくる。瞬間移動を使う。
ヨッシーのロードハンティング
STAGE2「きのこコース」のボスとして登場。首が長い4つ足の亀のようなマシンに乗っている。最初は頭部の二つの砲台から弾を撃ってくる。甲羅の上にある赤いコアにしかダメージが通らない。体力を半分削ると胴体が壊れ、頭部に直接手足がついて2足歩行の形態になる。左右にジャンプしながらロケットパンチを撃ってくるので、これを両方壊すと口から弾を撃つようになる。この口が開いた時しかダメージが通らない。倒すと白旗を上げる。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
X』ではシールとして登場。
for 3DS』以降は隠しキャラとして参戦。クッパJr.の8Pカラーとして使うことができる。グラフィックや音声は差し替えられるが、モーションや性能はクッパJr.と全く同じ。クッパクラウンの色は青色。『SP』ではハンマーの代わりに魔法の杖を使うようになった。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 名前の由来はドイツの作曲家であるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。「Ludwig」のドイツ語読みは「ルートヴィヒ」である。

関連項目[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。