マリオペディア
Advertisement


マリオ兄さん、今どこに…?

—キャッチコピー

ルイージマンション』(Luigi Mansion)は、任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ用およびニンテンドー3DS用のアクションアドベンチャーゲーム。

概要[]

任天堂公式のゲームでは初めてのルイージが単独主人公となった作品。帰ってこないマリオを探し出すため、オヤ・マー博士から貰ったオバキュームを使い、不気味な屋敷を探索する。 この作品でいくつかの要素は、後のルイージが登場する作品にも影響を与えている。

ストーリー[]

ある日、ルイージの元に「あなたに大きなおやしきをプレゼント!」という通知が届き、喜んだルイージはマリオをその屋敷に招待することに。しかし、地図を頼りに屋敷へ向かったルイージが見たものは、豪華な屋敷とは似ても似つかない、不気味なお化け屋敷だった。屋敷に入ると、待っていたのはマリオではなくオバケたち。消えてしまったマリオを探すため、ルイージの広大な屋敷をめぐる冒険が始まる。

システム[]

オバキュームを使い、出現するオバケを吸い込みながら進んでいく。ほとんどのオバケはそのままでは吸い込めず、まず光で驚かせてドッキリハートを出現させてから吸い込むという手順を踏むことになる。しかし、普通のオバケより霊力の強い「肖像画のオバケ」は簡単にはドッキリハートを見せないので、隙をついて吸い込まないといけない。オバケを吸い込む際に、逃げるオバケに対して逆の方向にコントロールスティックやCスティックを倒すと体力をぐんぐん減らすことができる。オバケを吸い込んだ時に、たまにハートを落とすことがある。2匹以上一緒に吸い込むと確定でハートを落とす。肖像画のオバケは毒キノコや様々な大きさのパールを落とす。

物語を進めるとエレメントという能力を使用できるようになる。火・水・氷(冷気)の3種類が存在し、それぞれ火は氷(冷気)に、水は火に、氷(冷気)は水に強く、それぞれの属性の仕掛けやエレメントを宿したオバケなどへの有効打になる。一度に仕えるエレメントは一種類だけで、他のエレメントを使いたい場合は松明や冷蔵庫などに出現するエレメントオバケを吸い込むことで切り替えることができる。また、エレメントを使用すると普通のオバケにもダメージを与えることができる。連続してダメージを与え続けることもできるが、この方法で倒すとオバケは何もアイテムを落とさない。

基本的にそれぞれの暗い部屋に出現するオバケを全て吸い込むと部屋に明かりが灯り、次の部屋へのカギが出現し、それの繰り返しで進んでいくことになる。エリアの最後には肖像画のオバケの中でも特に強い「ボスオバケ」がいて、それを吸い込むことでエリアのクリアとなる。

屋敷の中には様々なお宝が落ちている。これを拾うことでオヤ・マー博士が換金をしてくれ、クリア後にその合計金額で評価が決まる。

登場するキャラクター[]

味方キャラクター[]

ルイージ
本作の主役。臆病な性格だが、帰ってこないマリオを探すために屋敷へと乗り込んだ。
オヤ・マー博士
オバケの研究をしている博士。様々なマシンを開発しルイージの手助けをする。
マリオ
ルイージの双子の兄。キングテレサに絵の中に閉じ込められてしまった。
キノピオ
ピーチ姫に頼まれて、マリオを探すために屋敷へと乗り込んだ。今作では簡単なヒント役やセーブポイントとしての役割を担っている。
グーイージ
ニンテンドー3DS版で登場。未来のオヤ・マー博士から試運転用に送られてきた。2Pとして操作できる。

オバケ[]

  • ヤプー
  • ファイアーヤプー
  • リッチヤプー
  • マプー
  • アイスマプー
  • モプー
  • ウォーターモプー
  • トッキー(白)
  • ウェイタートッキー
  • トッキー(赤)
  • ミラートッキー
  • シネマトッキー
  • ヘイポー
  • ダンスヘイポー
  • バラバラ
  • ナバーナ
  • ブラーン
  • ブラーン(紫)
  • ボウルボウル
  • ミミー(青)
  • ミミー(紫)
  • ゴールドミミー
  • バティ(黄)
  • バティ(紫)
  • プップ(ピンク)
  • プップ(緑)
  • ボーマ
  • ピュー
  • テレサ
各個体の名前はルイージマンションシリーズのテレサ一覧を参照。

肖像画のオバケ[]

ボスオバケ[]

構造[]

地下1階[]

エリア1では入れない。エリア2では配電室にしか行くことができない。エリア3では井戸の下のライオンの口から秘密の祭壇を覗くことができるが、入ることはできない。エリア4になってから他の部屋にも行ける。

  • 井戸の下
  • 配電室
  • 地下倉庫
  • 配管室
  • 冷凍室
  • 秘密の祭壇

1階[]

主にエリア2で攻略することになる。

  • エントランス
  • バスルーム
  • ダンスホール
  • 物置き
  • トイレ
  • 占い部屋
  • 鏡の部屋
  • 洗濯部屋
  • 休憩室
  • 隠し部屋
  • 音楽室
  • 食堂
  • 台所
  • 裏の空き地
  • 墓地
  • 裏庭
  • トレーニングルーム
  • 娯楽室
  • 映写室

2階[]

西側のほうはエリア1、東側のほうは主にエリア3で攻略する部屋である。

  • 居間
  • 控え室
  • クローゼット
  • 書斎
  • 父母の寝室
  • 幼児部屋
  • ティールーム
  • 祖父母の寝室
  • バスルーム
  • トイレ
  • 回想の部屋
  • 幻想の部屋
  • 子供部屋
  • 開かずの間
  • 来客室
  • 来客用寝室

3階[]

エリア3の終盤から入ることになる。

  • はく製の部屋
  • バルコニー
  • 電話の部屋
  • からくり部屋
  • 甲冑の部屋
  • 壷置き場
  • アトリエ

4階[]

3階の「からくり部屋」から屋上へ行ける。2階の「開かずの間」への煙突もここにある。

  • 屋上

オヤ・マー博士のオバケ研究所[]

ギャラリー
22枚のオバケ名画コレクションが飾られている場所で、肖像画のオバケを一度に吸い込んだ体力によってブロンズ、シルバー、ゴールドの額縁が付く。ニンテンドー3DS版では肖像画のオバケを飾る額縁の評価にプラチナが追加されていたり、一般のオバケの名前やテレサの個体名が一覧で見られる絵画が飾られている部屋が追加されていたり、肖像画のオバケを飾っている部屋の構造が変わっていたり、肖像画のオバケの絵画を調べるとそのボスと再戦できたりと、ところどころに変化がある。
訓練場(トレーニング)
オヤ・マー博士が研究用に飼っているオバケを相手に、オバキュームの使い方を練習できる場所。
ラボ
最初に通される場所。屋敷やギャラリーへ行くかを決める。
マシンルーム
ギャラリーの絵から抜け出したオバケをもとの絵に戻す「オバケ絵になるマシーン」が設置されている場所。

本物の家[]

ゲームをクリアすると、本物の家を建てることができる。ルイージが集めたお金の金額によって建つ家の大きさが変わる。出来上がった家はオヤ・マー博士の研究所に写真が飾られる。出来上がる家は以下の通り。

1億3000万G以上(3DS版) - ランクS(仮)。宮廷のような豪華な家になる。
1億G以上(GC版)、1億G~1億2999万9999G(3DS版) - ランクA。教会のような家になる。
7000万G~9999万9999G - ランクB。豪邸のような家になる。
6000万G~6999万9999G - ランクC。大きな家になる。
5000万G~5999万9999G - ランクD。中くらいの大きさの家になる。
4000万G~4999万9999G - ランクE。普通の家になる。
2000万G~3999万9999G - ランクF。小さな家になる。
500万G~1999万9999G - ランクG。小屋になる。
500万G未満 - ランクH。テントになる。

余談[]

  • 本作の3DS版は、任天堂開発ソフトとして最後の3DSソフトとなった(マリオ作品としての最後は『マリオ&ルイージRPG3 DX』)。

「ルイージマンション」という屋敷の登場作品[]

ここでは『ルイージマンション』の屋敷や概念が登場する作品を挙げている。『ルイージマンション』内で登場するキャラ等の登場作品についてはそのキャラの記事を参照。

マリオカート ダブルダッシュ!!
バトルモードの隠しステージとして登場している。当該記事を参照。
また、コースのひとつ「ルイージサーキット」にはランクAの家が建っている。
マリオカートDS / マリオカート7
コースの一つとして登場。当該記事を参照。
マリオカート ツアー
『マリオカートDS』からの復刻コース「DS ルイージマンション」「DS ルイージマンションR」「DS ルイージマンションX」「DS ルイージマンションRX」といった新たなコースも登場した。
さらに本作における「GC ベビィパーク」では、もともと「KAMEK'S MAGICSHOW」と掲げられていた背景の洋館のアトラクションが完全にルイージマンションと同じ外見になっている。
ペーパーマリオRPG
カラスの会話のうちの1つに、ルイージマンションという物件の話が出てくる。会話の内容からしてこちらは英語の屋敷の方ではなく、集合住宅としてのマンションである模様。
マリオテニスGC / マリオバスケ 3on3 / スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール / MARIO SPORTS MIX
プレイできるコートやステージとして登場。詳しくは「ルイージマンション (マリテニGC)」や「ルイージマンション (3on3)」や「ルイージマンション (ファミリーベースボール)」や「ルイージマンション (マリスポMIX)」を参照。
おすそわける メイド イン ワリオ
今作を題材としたプチゲーム「ルイージマンション」が収録されている。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
X』『for Wii U』『SP』で対戦ステージとして登場。当該記事を参照。
また、『X』ではルイージマンションのフィギュアが収録されている。

関連項目[]

Advertisement