マリオペディア
Advertisement
フーッ! たすかった。 ぼくヨッシー
クッパにつかまった なかまをたすけに
おしろへいこうとしたら やつらに
たまごに とじこめられたんです。

—ヨッシー 『スーパーマリオワールド』

ヨッシー (YoshiYossy[1]) は、マリオシリーズヨッシーシリーズに登場するキャラクター。

概要[]

1990年発売の『スーパーマリオワールド』で初登場した、マリオに匹敵する人気を誇るキャラクター。「ヨッシー」という名前は単一個体ではなく種族そのものの総称である。二足歩行のトカゲや恐竜のような外見をしており、後頭部にはトサカが、背中には鞍の役割をするコウラを背負っている。恐竜、ドラゴン、カメ族など種族に関して様々な設定が存在するが、現在では公式で「実はわかっていない」ということになっている[2]

温厚かつ平和的な種族で、人を乗せて走ったりすることもできる。作品によっては言葉を話すこともでき、人間と同じようにスポーツやレースに参加することもできる。

初登場からわずか一年後には『ヨッシーのたまご』で主役を飾っており、その約四年後、1995年に発売された『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』以降はヨッシーアイランドシリーズという単独シリーズを獲得している。

生態[]

種族最大の特徴は、カメレオンのように伸びる長い舌と、食いしん坊であること。長く伸びる舌でフルーツや敵キャラクターなどをとらえて食べ、腹の中でタマゴに変えてしまう力を持つ。「タマゴ」と呼ばれてはいるものの、食べたものをほぼそのまま排出するため産卵というよりは排便に近い性質。産んだタマゴからはなんらかのアイテムが出現することがあるほか、タマゴそのものを投げて武器として扱うこともある。当然ながらヨッシー自身もタマゴから産まれる。

ヨースター島ヨッシーアイランドジャンボル島ドルピック島などキノコ王国の様々な地域に生息しており、特にドルピック島で発見されるもの(『スーパーマリオサンシャイン』に登場するもの)は水に浸かると溶けてしまうという変わった性質を持つ。

体の色は一般的に緑色のものが広く知られているが、スターロードには体の色がそれぞれ赤、青、黄色をしている「伝説の3色ヨッシー」が生息しているほか、ヨッシーアイランドには赤、橙色、ピンク、黄色、水色、青、紫、白、黒など様々な色のヨッシーが生息している。体の色によって持っている能力や好物となるフルーツが異なるといった性質をもつ作品もある。

性格[]

温厚で平和的、種族を問わず友好的な種族。正義感も強く、クッパにさらわれた仲間を助けるためにすすんで行動を起こすことも多い。

幸福度の比重が食に強く片寄っており、『ヨッシーストーリー』ではフルーツが無限に実り続ける「スーパーしあわせのツリー」がベビィクッパによって奪われると種族単位で衰弱してしまっていた。

登場作品[]

ヨッシーシリーズ[]

マリオシリーズでの登場作品[]

その他の登場作品[]

その他[]

  • 名前の綴りは、現在では"Yoshi"で統一されているが、かつては"Yossy"だったことがある。一例として、SFCの『ヨッシーアイランド』の一部ステージでは、リフトのレールが「YOSSY」の形になっている箇所がある。ただし、日本国外版では「YOSHI」の形になっている箇所がある。
  • 恐竜に乗るマリオという原案は『スーパーマリオブラザーズ3』の時から存在していた[3]
  • ヨッシーに乗ると、BGMに独特な音が追加される作品も多い。

鳴き声[]

  • 戸高一生がヨッシーの声を務める以前の鳴き声は、独特なサウンドエフェクトが使われており、様々な例え方があった。『スーパーマリオワールド』発売当時の『コミックボンボン』での記述によれば「ウィッキー」。「ヨッシー!」という掛け声を再現したものという見解もある。ネット上コミュニティにおいては、「でっていう」と聞こえるという説もあり、未来検索ブラジルによるネット流行語大賞 2007では15位に選ばれている[4]
  • 『ヨッシーストーリー』以降も、このエフェクトは初期の『マリオパーティ』シリーズなど一部のゲームで使用されていたが、2000年頃からはほとんど使われなくなった。近年では『New スーパーマリオブラザーズ Wii』で久々に採用され、その後発売された『スーパーマリオギャラクシー2』では、戸高の音声と併用する形で使用されている。

脚注[]

テンプレート:脚注ヘルプ

外部リンク[]


Advertisement