マリオペディア
Advertisement
最多 最短 最速

—『メイド イン ワリオ』キャッチフレーズ

メイド イン ワリオ』(英題:WarioWare, Inc.: Mega Microgame$!,欧題:Wario Ware Inc. Minigame Mania)は任天堂より発売されたゲームボーイアドバンスアクションゲーム。ジャンルは瞬間アクション。日本では2003年3月21日に発売された。

概要[]

メイド イン ワリオシリーズの1作目。5秒程度で終わるミニゲーム、プチゲームをプレイしていき、各ステージのクリアを目指す。 複数のミニゲームをプレイしながらストーリーを進めるタイプのゲームは以前にも存在していたが、本作の特徴として「1つのミニゲームの時間が極度に短い」「各ゲームの間に入る合いの手」があり、さらにゲームを進めるごとにどんどんスピードが上がっていき、これが独特のリズムを生んでいる。またその破天荒なゲーム内容を盛り上げるワリオらの個性的なキャラクターやギャグ色の強いゲーム画面などの笑いの要素から人気を博して、2003年のヒット作の一つに上げられるほどの売れ行きを見せた。当初はいわば「一発屋」のようなソフトとして出していたが、発売後の思わぬヒットから続編を作ることとなり、本作をパーティー向けにした『あつまれ!!メイド イン ワリオ』が発売された。

基本ルール[]

プチゲーム開始時に指示文(「よけろ!」など)が表示されるので、それに従って十字キーやAボタンを操作する。プチゲームのノルマを達成できないとライフが減り、4回ミスするとゲームオーバーになる。ステージ毎に決められた数のプチゲームをプレイするとスピードがアップし、最後にボスゲームが出現し、これをクリアできればそのキャラはクリアとなる。初回のみ失敗した場合はライフが減ってボスゲームをやり直すことになる。

ストーリーは入門ステージ「ワリカセ」から始まり、各ステージをクリアすると次のステージが出現する。最終ステージ「ワリオ」をクリアすればストーリー上は全面クリアとなる。ただしそれ以降も、プチゲームの図鑑を埋めたり、エンドレスプレイで一定以上の成績をあげることでいくつかの隠されたモードやゲームが出現する。これにはL/Rボタンを使用する2人プレイ用のゲームや、過去の任天堂作品をリメイクしたものなどが含まれる。このように、やり込み要素が数多く盛り込まれている。1周目に出現するプチゲームは決まっている。

クリアしたキャラを選択すると、そのキャラが出すジャンルのゲームをエンドレスにプレイすることが可能。この際はボスゲームをクリアできた場合にライフが1回復するというルールがある。失敗したときにライフが1減るのは以前と同様だが、この時も次のレベルに進むという点が異なる。ジミー.Tなどのミックスがメインのステージでは特定の点数をとるとサブゲームが出現する。

収録されるプチゲームは合計213種に及び、プレイしたプチゲームは自動的に図鑑に登録されていき、図鑑では特定のプチゲームをひたすらプレイし続けることが可能(ステージ画面は「ワリカセ」、BGMは「おきらく」「スリリング」「げきむず」「とことんボス」と共通)。レベル1・レベル2・レベル3の3段階を順番にクリアすると、スピードが1段階ずつ速くなり、その繰り返しが続く。図鑑ではプチゲームごとにノルマが設定されており、4回失敗するまでに規定回数をクリア(失敗した際もカウントされるが、ライフが減った後残数のチェックがされた後にカウントアップするため、1回もクリアできなかった場合は3となる)できればそのゲームのノルマは達成され、図鑑の項目にマークが付けられる。全てのゲームでノルマを達成することで『PYORO2』が出現する。

ストーリー[]

ある日、ふとワリオがテレビを見ていると『PYORO』が人気ソフトとしてニュースで取り上げられているのを目にする。ワリオはこれで金儲けができると考え、ゲーム会社を創設し、スタッフを集めゲームを完成させる。

ステージ一覧[]

登場キャラクターの詳細はメイド イン ワリオシリーズを参照
ワリカセ(ジャンル:テハジメ)
  • 最初に挑戦する入門ステージ。基本的な操作を覚えるための難易度の低いゲームが揃っている。ダイヤモンド、きせかえ、スパイ、パンチング・マシン以外のプチゲームは、「ドリブル」「カット」「ワリオ」のステージにも登場する。但し、カットではレベル2、ワリオではレベル3になっている。
  • 10ゲームでステージクリア、レベルアップ(ボス含む、以下同)。残機はカセットデッキの音量目盛りで表示。
  • 自宅で筋トレをしており、トランポリンで大ジャンプしたところ、着地点を誤りラジカセと融合してしまう。
  • 『メイド イン ワリオ』シリーズの代表的プチゲームが多く存在し、後の作品でもそのまま収録されていることがある。
ジミー・サング(ジャンル:スポーツ、リミックスNo.1&No.2)
  • 1回目は「ワリカセ」、2回目は「モナ」「ナインボルト」「ドリブル」全て、3回目は「クライゴア」「オービュロン」「カット」全てをそれぞれクリアすると出現。1回目(青色のカツラで登場)はスポーツ系専門、2回目・3回目は過去に登場したプチゲームをレベルが上がりミックスして出す「リミックスステージ」となっている。リミックスNo.1(黄色のカツラで登場)ではジミー本人(スポーツ)とモナ(ヘンナノ)・ナインボルト(ニンテンドー)・ドリブル(SF)、リミックスNo.2(赤色のカツラで登場)ではDr.クライゴア(リアル)・オービュロン(IQ)・カット(イキモノ)(ただしボスのみジミー本人のもの)を扱っている。
  • スポーツは15ゲーム、リミックスNo.1&No.2は20ゲームでステージクリア、レベルアップ。スコアはジミーに届いた携帯電話のメールの数、残機は携帯の残りの電池量で表示。
  • 通常プチゲームのカウントダウン時の効果音は時計の針が進む音だが、このステージのみ電話のプッシュ音とトーン信号になっている。
  • クラブ サトーで踊ってる様子が見られる。エンディングで鳴る着信音は1回目は待受がイヌで「ナイスなメロディー」、2回目は待受がヒツジで「キュートなフレーズ」、3回目は待受がワリオで「マニアックなサウンド」になる。
  • リミックスステージではEDを設定から見ることができないため、前述のシーンは一度しか見られない。
モナ(ジャンル:ヘンナノ)
  • 「ジミー(スポーツ)」をクリアすると出現。ジェラート屋でバイトをしている。日常にあるような物を題材に、シュールで一風変わったゲームを出す。
  • 15ゲームでステージクリア、レベルアップ。スコアは追い払ったパトカーの台数、残機はモナーズ3号の食べているバナナの数で表示。
  • バイトに遅刻しそうになったモナは、どうにか間に合わせるためにバイクのスピードをあげる。しかし、近くのパトカーを通りがかった瞬間に、モナは大量のパトカーに追われてしまう。そこでモナはモナーズの力を借りる。
  • 代表的なプチゲームであるはなのあなはこのステージが初出である。
ナインボルト(ジャンル:ニンテンドー
  • 「ジミー(スポーツ)」をクリアすると出現。任天堂マニアであるナインボルトが集めた、歴代の任天堂製品がモチーフとなっている。
  • 15ゲームでステージクリア、レベルアップ。スコアはEXP、残機はHPで表示。
BGMは、元になったゲームのオリジナル音源を再現した独自のものが多い。また、上記のステータス記述をはじめ、ゲーム画面はRPG風の演出が施されており、スピード上昇時は「すばやさ」が上がったと表記される他、ゲームオーバー時のメッセージが『ドラゴンクエスト』のパロディになっている。なお、プチゲームを1つこなすたびにマップを右上に1マス動いており、街に到着すると固定になる。
  • 学校が終わり、家に帰宅したナインボルト。家では趣味でDJをしていた。
ドリブルスピッツ(ジャンル:SF)
  • 「ジミー(スポーツ)」をクリアすると出現。宇宙を題材にしたSF系が中心だが、時代劇・特撮系の物も含まれている。また、「ワリカセ」のプチゲームも登場する(レベルは「ワリカセ」と同じLV1から)。
  • 25ゲームでステージクリア、レベルアップ。スコアは走行距離(km単位)、残機は左上のスピッツ人形で表示。このスピッツ人形はドリブルが夜なべして作ったものである。
  • このステージはスピードの上がり方が変則的で、スピード上昇時には色が変化する他、普通速から加速していく。また、各プチゲームのBGMの代わりに、歌詞付きの専用のBGM(曲名こえのただようなみま)が使用されており、歌パートは一貫して共通だが、伴奏パートはLV1ではスピード上昇時、LV2以降はプチゲーム1つごとに変化する。
  • 雨の降る夜にタクシーの客がやってきた。その客は「こえのただようなみま」まで送って欲しいと頼む。
カットアナ(ジャンル:イキモノ)
  • 「ジミー(リミックスNo.1)」をクリアすると出現。動植物を題材にしている他、「ワリカセ」のプチゲームがLV2から登場する。
  • 25ゲームでステージクリア、レベルアップ。残機はカットの刀で表示。
  • 各プチゲームのBGMの代わりに、歌詞の入った演歌調の専用BGM(曲名はるなつあきふゆ)が使用されている。
  • がいこつ やしゃまるに占領されたお城。アナが救出に向かうが返り討ちに遭う。そこでカットに助けを求めた。
Dr.クライゴア(ジャンル:リアル)
  • 「ジミー(リミックスNo.1)」をクリアすると出現。リアル主義者であるクライゴアの性格を反映し、実写を取り込んだゲームが多い。
  • 15ゲームでステージクリア、レベルアップ。残機はトイレットペーパーで表示。
  • 各プチゲームのBGMの代わりに、ステージ専用のBGMが使用されている。この曲は『まわるメイド イン ワリオ』までのシリーズのテレビCMでも使用された。
  • 新薬を開発し自ら試そうとしたところ、激しい腹の痛みを訴えトイレに駆け込む。
オービュロン(ジャンル:IQ)
  • 「ジミー(リミックスNo.1)」をクリアすると出現。知力系のゲームが揃っており、他のステージに比べて制限時間が長い。
  • 15ゲームでステージクリア、レベルアップ。スコア残機はオービュロンの宇宙船を引き上げるうちゅうウサギで表示。
  • 隕石に衝突したオービュロンが乗っているピッグシップ。うちゅうウサギにSOSし、脱出を試みる。
ワリオ(ジャンル:ナンデモアリ)
  • 「ジミー(リミックスNo.2)」をクリアすると出現。その名の通り、昔の任天堂ゲーム、リアル画像など、これまでの全キャラクターのジャンルを集めており、全てのプチゲームに何らかの形でワリオ本人が登場する。また、いくつかのプチゲームにはマリオが敵キャラとして登場している。「ワリカセ」のプチゲームが初めから最高のLV3で登場するなど、最終ステージにふさわしく、難易度は高い。
  • 25ゲームでステージクリア、レベルアップ。残機はワリオのアイコンで表示。
  • 今度はパソコンと融合した。
おきらく
  • 「ワリオ」をクリアすると出現。舞台はバラエティー タワー(豚の装飾がされている青色のビル)。
  • 残機は通常のプチゲームと同じく4(後述の通り1UP無し)、プチゲームがLV1・最も遅いスピードで登場する。
  • 後の作品の「ごちゃまぜ」の先駆的モードであり、こちらではレベルアップやスピードアップの概念が存在する。
スリリング
  • 「おきらく」を15ゲーム以上クリアし、かつスコアに記録されると出現(途中で中断すると記録されないので出現しない。この条件は他のゲームも共通)。舞台はワンチャンス マンション(豚の装飾がされている黄色のビル)。
  • スピードは最も遅いが、全てLV3に設定されている上に、残機が1しかないのでプチゲームに1度でも失敗すると即ゲームオーバーになってしまうサドンデスモード。
げきむず
  • 「スリリング」を15ゲーム以上クリアすると出現。舞台はエキサイティング ビル(豚の装飾がされている赤色のビル)。
  • スリリングと反対に、LV1に固定されているが、初めからスピードが非常に速い(スピード自体は変化しない)。残機は4。
とことんボス
  • 「ワリオ」をクリアすると出現。舞台はホテル ニュー オヤダマ(豚の装飾がされている紫色のビル)。
  • パンチング・マシン(ワリカセ)、ボクシング(ジミー)、クギうち(モナ)、ウルトラマシン(ナインボルト)、ギャラクシー2003(ドリブル)、カエルジャンプ(カット)、ちきゅうをまもれ!(クライゴア)、ダンジョン・クエスチョン(オービュロン)、ワリオのぼうけん(ワリオ)の順番にすべてのボスゲームを挑戦し続ける。
  • 最初からスピードが速い上に、他のプチゲームと異なり、1つずつクリアしないと次のゲームに進めない(失敗すると、同じゲームをやり直す事になる)。残機は4。
  • 「おきらく」「スリリング」「げきむず」に共通する特徴は『レベルアップが無い代わりに、減った残機を回復できない』『これまで挑戦した事のある(図鑑に載っている)通常のプチゲーム全てが登場する』の2つ。これに「とことんボス」も含めると、『図鑑と同じBGMを使用』『スコアはエレベーターの階数、残機は画面上部のハートマークで表示』が共通点となっている。

プチゲーム一覧[]

詳細はメイド イン ワリオ/プチゲームを参照。

サブゲーム一覧[]

ゲームの進行に伴い、特定の条件を満たすと遊べるようになる。『あつまれ!!メイド イン ワリオ』には収録されていない。

1人プレイ用オリジナルゲーム[]

なわとび フォーエヴァー
プチゲームの「なわとび」と同様の操作で、できるだけ長い回数飛び続けるゲーム。「ジミー(スポーツ)」をクリアすると出現。操作するキャラクターはワリオ、縄をまわすのはカットアナになっている。100回をクリアすると、次からはなわとびをする時のBGMを選べるようになる(最初から用意されているBGMは「こえのただようなみま」。BGM選択可能後は「はるなつあきふゆ」と、オリジナルのBGM。前者の2曲は画面下部に歌詞が表示される)。
1人プレイ用オリジナルゲームの共通点は、お手つきが無く、1回でも失敗すると即ゲームオーバーになってしまう。
途中からスピードが変化したり、カットとアナが移動することがある。
スケボーよ えいえんに
プチゲームの「スケボー」と同様の操作で、障害物にぶつからずできるだけ長い距離を走り抜けるゲーム。「ジミー(リミックスNo.1)」をクリアすると出現。操作するキャラクターは、ナインボルト(乗っているのは、ナインボルトのデモ画面にも登場した「ナインボルトSK8」)。ある程度進むと、プチゲームにもあった壁やブロックの他にも、上下に移動する鳥が障害物としてゆく手を阻む。
はてしなく かみヒコーキ
プチゲームの「かみヒコーキ」と同様の操作で、壁にぶつからずできるだけ下まで降りていくゲーム。「ジミー(リミックスNo.2)」をクリアすると出現。一定の地点を通過するごとに最高記録が映し出される(この際、ジミーなどのキャラクターが順序に登場する)。
後にニンテンドーDSiウェアとして『紙ヒコーキ』が発売されている。
PYORO
オリジナルのミニゲーム。全てのプチゲームに挑戦し、「図鑑」のプチゲーム一覧を完成させると出現。空から降ってくる豆を、斜め45度に伸びる舌で食べることが目的。出来るだけ高いところで食べる点数が高い。豆に当たるとミス(お手つき無し)。豆が地面に落ちると床が崩れ、移動範囲が狭くなる。たまに落ちてくる白い豆を食べると床が一つ復活する。さらに、光る豆を食べると落下中の豆が全て消え床が10マス回復する。
なお、ゲームのオープニングはこの作品のヒットのニュースを見たワリオが会社を設立するに至る経緯となっている。
PYORO2
オリジナルのミニゲーム。「図鑑」のプチゲーム一覧が完成した状態で、全てのプチゲームで合格点以上のスコアを記録すると出現。空から降ってくる豆を、斜め45度に吹き出す種で消すことが目的(但し非常に速いスピードで飛ばすという設定から、画面上で種は表示されない)。まとめて豆を消すと高得点が狙える。ミスの条件、豆と地面の関係などはPYOROと同様。
PYORO、PYORO2は後にニンテンドーDSiウェアとして『鳥とマメ』が発売されている。

1人プレイ用リメイクゲーム[]

ドクターワリオ
ファミリーコンピュータで発売された『Dr.マリオ』のアレンジ版。「ジミー(スポーツ)」を1度クリアした後に、再プレイして20ゲーム以上クリアすると出現。キャラがマリオからワリオに替わり、ウイルスの姿も変更されている(オリジナルと違い、どこか間の抜けた顔つきになっている)。また1人用のみである点、音楽が「CHILL」のみである点も異なる。
ハエたたき
スーパーファミコンで発売された『マリオペイント』内のミニゲームハエたたきの移植版。「ジミー(リミックスNo.1)」を1度クリアした後に、再プレイして25ゲーム以上クリアすると出現。マリオペイントはマウスでの操作であったのに対し、十字キーで操作する。操作がマウスに比べて不自由な分、やや残機が増えやすくなるように変更されている。ステージ間のデモで登場するキャラクターは、マリオ達からワリオをはじめとする「メイド イン ワリオ」のキャラクターに変更されている。
ちなみに、一面でのボスのハエの攻撃パターンはマリオペイントより攻撃パターンが少なく、二周目からマリオペイント版の一周目のパターンになる。
シェリフ
往年の任天堂のアーケードゲーム『シェリフ』(1979年に発売)のアレンジ移植版。基本的な操作は同じだが、プレイヤーがワリオに描き替えられている(オープニング画面では、乱入したワリオがアーケード版のシェリフを追い出すシーンが見られる)。「ジミー(リミックスNo.2)」を1度クリアした後に、再プレイして25ゲーム以上クリアすると出現。99999999点以上はいかない。

2人プレイ用VSゲーム[]

頭にVSとついたものは、一台のゲームボーイアドバンスのLとRボタンを使って二人対戦する。
VSチリトリー
「モナ」「ナインボルト」「ドリブル」のうち、1つクリアすると出現。プチゲームの「チリトリー」(ナインボルト)と同様の操作で、回転し続けるチリトリーをタイミングよく動かし、相手よりも先に100個のチリを取れば勝ち。大きなチリを取ると5個分カウントされるが、時々現れるジミーに触れてしまうとしばらく身動きが取れなくなる上に、10個分のチリが周囲に散らばってしまう。Lボタン側は赤いチリトリ、Rボタン側は青いチリトリを操作する。
VSチキンレース
「モナ」「ナインボルト」「ドリブル」のうち、2つクリアすると出現。ボタンを押している間足が引かれ、離すとスケボーが蹴りだされる。力の加減を調節して、崖により近い所で止まった方が勝ち。崖に落ちてしまうと負け、両方落ちた場合は引き分けとなる。コースの形はいくつかのパターンに分かれている。Lボタン側はナインボルト、Rボタン側はしゃぎぃを操作する。
マリオアーティスト ポリゴンスタジオ』にも、これと似たミニゲームが収録されている。
VSドンドン
「クライゴア」「オービュロン」「カット」のうち、1つクリアすると出現。タイミングよくボタンを押して、上下に動くバーで中央の柱に置かれた黄色い物体を相手側に押しこみ、相手を潰すと勝ち。バーの速さはランダムで変化する。Lボタン側はモナ、Rボタン側はドリブルを操作する。
VSハードル
「クライゴア」「オービュロン」「カット」のうち、2つクリアすると出現。タイミングよくボタンを押してハードルを越え、先にゴールした方が勝ち。画面は上から俯瞰した形であり、ハードルでつまずくとタイムロスになる。また、色の濃い地面はボタンを連打しないと進みにくくなっている。Lボタン側はオービュロン、Rボタン側はクライゴアを操作する。

豆知識[]

  • パッケージには、開ける箇所のベロの部分にワリオからの購入してくれたお礼のメッセージと、反対側のべロには開ける箇所ではない事を警告するメッセージが表記されている。
  • 取扱説明書は「ワリオ責任編集」のシールブック(シールが付属)の形をとっており、1ページ目の注意書きから説明文がワリオ調の文体になっている。
  • 初めてゲームをプレイする時や名前を変更(ネームエントリー)する時に、プレイヤーの性別を選択するが、男女どちらを選んだかにより、ドリブル・カットのデモ画面や、ゲーム・ずかんを選ぶ時のキャラクターのセリフが変化する。
  • 名前変更時の名前入力画面で、Lボタンを押すごとにドリブル・カット・クライゴアのステージのBGMを聴く事ができる。
  • スタッフロールの画面で、通常は青い色の星が映し出される。Lボタンを押すと赤色に変化して、BGMのうちメロディーパートのボリュームが小さくなる。逆にRボタンを押すと緑色に変化して、伴奏・リズムパートのボリュームが小さくなる。また、十字キーを押すと星が別の形に変化する(上:ハートマーク、下:トライフォース、左:ワリオの頭文字W、右:ゲームキューブのマーク)。
  • 最後までスタッフロール画面を中断せずに見終えると、メイン画面に戻ったときのBGMがオルゴール風の静かな曲調に変化する(何かゲームをプレイし終え、もう1度メイン画面を開くと、元のBGMに戻る)。
  • 公式ホームページで、ジミーがワリオの見つけてきたお宝として『ワリオランドアドバンス』で登場する「時のCD」の話を、ワリオが「作らせていた城が完成したので向かう」と『ワリオワールド』に繋がる話をしていることから、作品の時間軸としてはこの間であることがわかる。
  • ドリブル達のタクシー会社「ダイヤモンドタクシー」は、かつて任天堂が経営していた「ダイヤタクシー」が元ネタとみられる。
  • タイトル画面やメインメニューの構成はWindows XPをパロディにしている。
  • ゲーム中に登場するPyoroのパッケージは、海外版GBAソフトのパッケージデザインと同じである。

外部リンク[]

Advertisement