マリオペディア
Advertisement
近くの友達と、世界中の人と。

—パッケージ裏より

マリオカートDS (Mario Kart DS) は、2005年12月8日に発売されたニンテンドーDS用ソフト。

概要[]

マリオカートシリーズ第5作目となるレースゲーム。二画面となった事でゲーム映像とマップが別の画面で表示されるようになった。総キャラ数は12人、総マシン数は36台、総コース数は32個。うちコースに関しては半分が過去作のコースの復刻版であり、『スーパーマリオカート』のコース全てが収録された『マリオカートアドバンス』とは異なり4作全てから満遍なく選ばれている。

大きな売りとして通信対戦があり、ニンテンドーWi-Fiコネクションに対応[1]。機能が限定こそされてはいるがシリーズ初となるオンライン対戦が実現し、全世界のプレイヤーと4人対戦が可能となった[2]。ワイヤレス通信では最大8人まで同時に対戦でき、ソフトが一つあればDSを持ち寄って全員で同時に遊ぶ事ができる。

ゲームモード[]

グランプリ
8つのカップから1つを選び、カップ毎4つのコースでCOMと勝負する。新作コースを走る「ニトログランプリ」とリメイクコースを走る「レトログランプリ」がある。
タイムアタック
コースを選んで最速を目指して走る。自己ベストの走りは「ゴースト」として保存され、自分自身とレースができる。DSダウンロードプレイでゴーストを渡したり貰ったりする事もでき、オフラインでも友人や制作スタッフと勝負ができる。
VS
コースを選んで相手と勝負する。シングルプレイではCOMが、マルチプレイでは通信で繋がった他プレイヤーが相手となる。32×32ドットの「エンブレム」を自分でペイントし、アイコンにすることも可能。
バトル
専用のコースを走り回り、特殊なルールで戦う。相手の風船を割り合って戦う「ふうせんバトル」とシャインを奪い合って生き残りを目指す「あつめてシャイン」を収録。
ミッションラン
課された様々なお題をこなしながらコースを走る。ボス戦では『スーパーマリオ64DS』に登場したボスキャラが登場し、直接対決やレースで勝負する。

通信プレイ[]

Wi-fi通信[]

ワイヤレス通信[]

操作キャラクター[]

初期キャラが8 (+1) 人、隠しキャラが4人。

軽量級[]

中量級[]

重量級[]

収録コース[]

太字はWi-fi対戦で選択可能。

ニトログランプリ[]

本作オリジナルの新作コース。

キノコカップ
  • エイトクロスサーキット
  • ヨッシーフォールズ
  • プクプクビーチ
  • ルイージマンション
フラワーカップ
スターカップ
  • DKスノーマウンテン
  • チクタクロック
  • マリオサーキット
  • キラーシップ
スペシャルカップ
  • ワリオスタジアム
  • ピーチガーデン
  • クッパキャッスル
  • レインボーロード

レトログランプリ[]

過去作出典のリメイクされたコース。『スーパーマリオカート』、『マリオカート64』、『マリオカートアドバンス』、『マリオカート ダブルダッシュ!!』の順番にコースが選出されている。

こうらカップ
  • マリオサーキット1
  • モーモーファーム
  • ピーチサーキット
  • ルイージサーキット
バナナカップ
  • ドーナツへいや1
  • フラッペスノーランド
  • クッパキャッスル2
  • ベビィパーク
このはカップ
  • ノコノコビーチ2
  • チョコマウンテン
  • ルイージサーキット
  • キノコブリッジ
サンダーカップ
  • チョコレーとう2
  • ヒュードロいけ
  • スカイガーデン
  • ヨッシーサーキット

バトルコース[]

  • ニンテンドー DS
  • ゆうやみハウス
  • サザンリーフ
  • スイートタルト
  • ブロックとりで (『64』よりリメイク)
  • どかんひろば (『ダブルダッシュ』よりリメイク)

アイテム[]

カート[]

マリオカートDS/カート一覧を参照。

脚注[]

  1. 『おいでよ どうぶつの森』に続き二作目、全世界対応では初
  2. 2014年5月20日にサービス終了

関連記事[]

Advertisement