マリオペディア
Advertisement
陸に、海に、空に、
レースの世界がさらに広がる

—キャッチコピー

マリオカート7』(Mario Kart 7)は、2011年12月1日(ダウンロード版は2012年11月1日)に発売されたニンテンドー3DS用のアクションレースゲーム。

概要[]

家庭用ゲーム機で発売されたマリオカートシリーズの第7作目。今作では前作までのアクションのほかに、グライダーで空を飛び、スクリュープロペラで水中を進めるようになった。また、カートの「フレーム」「タイヤ」「グライダー」をカスタマイズすることで、自分好みの見た目や性能のカートを作ることができる。また、一人称視点でレースをすることができ、その際は3DS本体を傾けることでハンドル操作ができるので、より臨場感のあるレースを楽しむことができる。

モード[]

ひとりで[]

グランプリ
8つのカップ(大会)でレースを行い、順位を競う。すれちがい通信を使えば、そのすれちがった相手のMiiがCOMとして登場することがある。
タイムアタック
選んだコースを1人で走行し、ベストレコードを目指す。記録したルートを走行する「ゴースト」とレースすることもできる。いつの間に通信を使えば最大7人のゴーストと同時にレースすることもできる。
ふうせんバトル
COMも含めた全てのプレイヤーがお互いの風船を割り合うバトル。制限時間内に割った風船の数で競い合う。
コインバトル
ステージ上のコインを多く集めるバトル。制限時間内に集めたコインの枚数で競い合う。
VS
2人から8人まで同時に、自由にルールを決めてレースを楽しめる。

みんなで[]

上記の「ふうせんバトル」「コインバトル」「VS」をローカル通信やワイヤレス通信で遊ぶことができる。「VS」はゲームを持っていない人とも遊ぶことができるが、今作では『マリオカートDS』までとは違い、1つのソフトさえあれば全員好きなコースを選べる。

インターネットで[]

せかいのだれとでも
世界中のプレイヤーと対戦することができる。
フレンドやライバルと
フレンドやすれちがった人と対戦することができる。
コミュニティで
コミュニティを選ぶと、そのコミュニティに参加しているメンバーだけで集まって対戦することができる。

マリオカートチャンネル[]

マリオカートチャンネルを使うと、すれちがい通信やいつの間に通信で、他のプレイヤーと交流ができる。

登場キャラクター[]

プレイアブルキャラクター[]

名前の横に「☆」が付いているのは、この作品で初めてマリオカートシリーズのプレイアブルとして登場したキャラクターで、名前の横に「★」が付いているのは、この作品で隠しキャラとして登場したキャラクター。

その他のキャラクター[]

コース[]

キノコカップ[]

  • キノピオサーキット
  • デイジーヒルズ
  • プクプクラグーン
  • ヘイホーカーニバル

フラワーカップ[]

  • ウーフーアイランド1
  • マリオサーキット
  • ミュージックパーク
  • ロックロックマウンテン

スターカップ[]

  • パックンスライダー
  • ワリオシップ
  • ネオクッパシティ
  • ウーフーアイランド2

スペシャルカップ[]

  • DKジャングル
  • ロゼッタプラネット
  • クッパキャッスル
  • レインボーロード

こうらカップ[]

  • 64 ルイージサーキット
  • GBA クッパキャッスル1
  • Wii キノコキャニオン
  • DS ルイージマンション

バナナカップ[]

  • 64 ノコノコビーチ
  • SFC マリオサーキット2
  • Wii ココナッツモール
  • DS ワルイージピンボール

このはカップ[]

サンダーカップ[]

バトルステージ[]

  • GBA バトルコース1
  • 64 ビッグドーナツ
  • DS サザンリーフ
  • ハニービーハウス
  • シャーベットリンク
  • ウーフータウン

アイテム[]

余談[]

関連項目[]

外部リンク[]

Advertisement