Fandom


(1版)
13行: 13行:
 
|Sale =
 
|Sale =
 
}}
 
}}
 
 
'''マリオのピクロス'''は[[任天堂]]から[[1995年]][[3月14日]]に発売された[[ゲームボーイ]]用[[パズルゲーム]]。
 
'''マリオのピクロス'''は[[任天堂]]から[[1995年]][[3月14日]]に発売された[[ゲームボーイ]]用[[パズルゲーム]]。
   
[[ピクロス (ゲームソフト)|ピクロス]]シリーズ第1弾。パッケージには「''オトナのパズル。''」とキャッチコピーが書かれ、シンプルなルールで幅広い年齢層に支持される人気ゲームとなり、世界合計の売り上げで[[ミリオンセラー]]を記録した。
+
[[ピクロス (ゲームソフト)|ピクロス]]シリーズ第1弾。パッケージには「''オトナのパズル。''」とキャッチコピーが書かれ、シンプルなルールで幅広い年齢層に支持される人気ゲームとなり、世界合計の売り上げで[[ミリオンセラー]]を記録した。[[2011年]][[9月21日]]から[[ニンテンドー3DS]]の[[バーチャルコンソール]]で配信されている
   
 
[[探検家]]([[考古学者]])に扮した[[マリオ (ゲームキャラクター)|マリオ]]が、古代[[遺跡]]の石盤に隠された絵を解読する筋立て。問題では画面左上にマリオの顔が常に表示されており、絵の完成、ミス等に応じて表情を変える。基本は15×15マスの問題で、全256問を収録。
 
[[探検家]]([[考古学者]])に扮した[[マリオ (ゲームキャラクター)|マリオ]]が、古代[[遺跡]]の石盤に隠された絵を解読する筋立て。問題では画面左上にマリオの顔が常に表示されており、絵の完成、ミス等に応じて表情を変える。基本は15×15マスの問題で、全256問を収録。
23行: 22行:
   
 
== ステージ ==
 
== ステージ ==
*やさしいピクロス
+
* やさしいピクロス
:初級問題。LEVEL1は5×5マス、LEVEL2~6は10×10マスの問題。
+
: 初級問題。LEVEL1は5×5マス、LEVEL2~6は10×10マスの問題。
*キノココース
+
* キノココース
:中級問題。
+
: 中級問題。
*スターコース
+
* スターコース
:上級問題。キノココースを全問クリアすると遊べる。
+
: 上級問題。キノココースを全問クリアすると遊べる。
*タイムトライアル
+
* タイムトライアル
:スターコースを全問クリアすると遊べる。制限時間、ヒントルーレットは無く、間違った部分を削っても教えてくれない。問題はランダム、短い時間で解く事。
+
: スターコースを全問クリアすると遊べる。制限時間、ヒントルーレットは無く、間違った部分を削っても教えてくれない。問題はランダム、短い時間で解く事。
   
 
== 外部リンク ==
 
== 外部リンク ==
*[http://www.nintendo.co.jp/n02/dmg/apcj/index.html マリオのピクロス]
+
* [http://www.nintendo.co.jp/n02/dmg/apcj/index.html マリオのピクロス]
  +
* [http://www.nintendo.co.jp/3ds/eshop/vc/rajj/index.html バーチャルコンソール マリオのピクロス]
   
 
{{マリオシリーズのパズルゲーム}}
 
{{マリオシリーズのパズルゲーム}}
+
{{デフォルトソート:まりおのぴくろす}}
[[Category:ゲームボーイ用ソフト|まりおのぴくろす]]
+
[[Category:ゲームボーイ用ソフト]]
[[Category:マリオシリーズ|まりおのぴくろす]]
+
[[Category:マリオシリーズ]]
[[Category:ピクロスシリーズ|まりおのぴくろす]]
+
[[Category:ピクロスシリーズ]]
[[Category:1995年のコンピュータゲーム|まりおのぴくろす]]
+
[[Category:1995年のコンピュータゲーム]]
  +
[[Category:バーチャルコンソール対応ソフト]]
   
 
[[de:Mario’s Picross]]
 
[[de:Mario’s Picross]]

2011年9月25日 (日) 09:20時点における版

マリオシリーズ > マリオのピクロス
ピクロス (ゲームソフト) > マリオのピクロス
マリオのピクロス
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ゲームボーイ
開発元 エイプジュピター
発売元 任天堂
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 1995年3月14日
価格 3,900円(税別)
  

マリオのピクロス任天堂から1995年3月14日に発売されたゲームボーイパズルゲーム

ピクロスシリーズ第1弾。パッケージには「オトナのパズル。」とキャッチコピーが書かれ、シンプルなルールで幅広い年齢層に支持される人気ゲームとなり、世界合計の売り上げでミリオンセラーを記録した。2011年9月21日からニンテンドー3DSバーチャルコンソールで配信されている。

探検家考古学者)に扮したマリオが、古代遺跡の石盤に隠された絵を解読する筋立て。問題では画面左上にマリオの顔が常に表示されており、絵の完成、ミス等に応じて表情を変える。基本は15×15マスの問題で、全256問を収録。

「やさしいピクロス」「キノココース」「スターコース」はそれぞれLEVEL1~8の各レベルごとにA~Hの8問ずつで計64問。どの問題からでも遊べる。

ステージ

  • やさしいピクロス
初級問題。LEVEL1は5×5マス、LEVEL2~6は10×10マスの問題。
  • キノココース
中級問題。
  • スターコース
上級問題。キノココースを全問クリアすると遊べる。
  • タイムトライアル
スターコースを全問クリアすると遊べる。制限時間、ヒントルーレットは無く、間違った部分を削っても教えてくれない。問題はランダム、短い時間で解く事。

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。