マリオペディア
Advertisement
2つの物語でデラックス

—紹介映像

マリオ&ルイージRPG3 DX』(Mario & Luigi: Bowser's Inside Story + Bower Jr.'s Journey)は2018年12月27日に任天堂から発売された、ニンテンドー3DS用ブラザーアクションRPGである。

概要[]

マリオ&ルイージRPGシリーズ』の3作目である『マリオ&ルイージRPG3!!!』のリメイク。同作をより遊びやすくしたほかにクッパJr.RPGという新モードも加わった。3DSで発売された最後のマリオ作品であり、任天堂作品全体でも最後から2番目である。

3DSが末期だったからかテレビコマーシャルができなかったことに加えて、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』と言ったNintendo Switchの強力なソフトの発売も重なったからか、売上げはかなり伸び悩み、開発元アルファドリームが開発する最後のコンシューマ用ソフトとなった[1]

変更点[]

  • タイトルのBGMが全く別の曲になった。
  • amiiboに対応し、アイテムが貰える。
  • クッパJr.RPGが追加された。それに伴って本編にもそのストーリーに応じた変化が出ている。
  • Yボタンでマリオとルイージを同時にジャンプできるようになった。
  • 体内でマリオ達を操作する時、上画面にマップを表示できるようになった。
  • ガイドが導入され、それに伴ってチュートリアルが簡略化された。
  • マリオとルイージにはきんきゅうガードが追加された。
  • クッパのパンチとファイアのコマンドでExcellentになるタイミングでマリオたちのハンマーと同様に、光と効果音が出るようになって分かりやすくなった。
  • リトライクロックが廃止され、バトルで負けてもその場でコンティニュー可能になり、イージーモードも導入された。
  • スペシャルアタックがそれぞれブラザーアタックとボコスカアタックに分かれ、ポイントもBPになった。消費量も変化している。
  • バッジの効果がストックできるようになり、種類や効果も変化した。また、バトル中に付けかけてもターンを消費しなくなった。
  • 巨大化バトルでファイアの操作がタッチに変わり、ファイナルアタックが追加された。
  • 巨大パックンの名称が巨大ファイアパックンに変更された。
  • バトルコロシアムで巨大化バトルの再戦が可能になった。
  • ランクの名前が変わり、ランクアップボーナスが追加された。
  • キノコタウンの黄色いキノピオが汎用のキノピオと同じになった。
  • マメの種類が増えた。また、くぼみの残っているマップにはマークが出る。
  • 一部の装備の効果や入手方法が変わった。
  • サウンドプレイヤーが追加。原作の曲も聞ける。
  • 多くの敵キャラのカウンターや仕様が変化している。各記事参照。
  • コレステチューブブリローズのチャレンジのランク基準が変わった。

登場キャラクター[]

『3DX』で新たに登場するキャラのみ記載。原作から登場していたキャラはこちらを参照。

クッパ軍団[]

モンスター[]

脚注[]

  1. スマートフォン向けタイトル『けだまのゴンじろー フィットエンドラン』が破産前最後の作品。


外部リンク[]

Advertisement