マリオペディア
Advertisement

ベビィパーク(Baby Park)とは、マリオカートシリーズに登場するコース。

概要[]

マリオカート ダブルダッシュ!!』で初登場。遊園地の中にあり、背景には様々な遊具やアトラクションが見える。マリオカートシリーズの中で最も走行距離が短いコースなこともあり、収録されている他コースよりも周回数が多い。上位を走っていても下位のアイテムに巻き込まれやすく、混戦になりやすい。

登場作品[]

マリオカート ダブルダッシュ!!
初登場作品。キノコカップの3コース目。周回数は7周。
ベビィマリオベビィルイージのホームコース。
マリオカートDS
「GC・ベビィパーク」という名称で収録。バナナカップの4コース目。周回数は5周。
ミッションランのレベル3のボス・クリキングとレースで競うコースでもある。
マリオカート8 / マリオカート8 デラックス
「GC ベビィパーク」という名称で収録。追加コンテンツ第2弾で追加されたどうぶつカップの1コース目。周回数は7周。『マリオカート8 デラックス』では最初から収録されている。周回を重ねるごとにBGMが加速していく。
コース全体が反重力エリアになっており、そのせいかコース全体が傾いている。
マリオカート ツアー
「GC ベビィパーク」という名称で収録。2022年の「ネコツアー」で追加されたコース。周回数は5周。本作には反重力エリアが無いことからか、コースの傾きは無くなっている。
「ベビィパーク X」では足場が追加され、周回数が3周に減る。
「ベビィパーク R」ではダッシュボードやジャンプ台が追加される。周回数はそのまま5周。
「ベビィパーク RX」では足場が追加され、「8」の字を描くようなルートを走る。周回数はそのまま5周。

コース内容[]

楕円の形状をしていて、仕掛けも一切ない単純なコース。

登場するキャラクター[]

  • キノピオ(『マリオカート8』、『マリオカート8 デラックス』)
  • ヨッシー(『マリオカート8』、『マリオカート8 デラックス』)

コース中に登場する看板・店舗[]

ジェットコースター
コースの周囲を囲うように設置されたジェットコースター。特にギミックは及ぼさない。『DS』『ツアー』では撤去されている。
『マリオカート ダブルダッシュ!!』の公式サイトでは「頭上を走っているジェットコースーに要注意だ!」という誤字がある。
観覧車
大きな観覧車。『ダブルダッシュ!!』では中央にシャインを、16個ついたゴンドラにはジュゲムの雲をあしらったデザインをしているが、『8』以降はゴンドラが8個になり特定のモチーフはなくなった。
BOWSER'S SHIP
クッパ軍団の飛行船をモチーフにした「バイキング」のアトラクション。『ダブルダッシュ!!』ではベビィクッパを描いたロゴがあしらわれていたが、『8』以降はクッパJr.の上半身がついたデザインに変更されている。『DS』ではバイキングではないが船を模したアトラクションが複数置かれており、『ツアー』では『8』同様だがロゴが撤去。
パタパタのアトラクション
正面から見たパタパタをあしらったアトラクション。『8』以降は顔部分が撤去されコウラとハネだけが残ったアトラクションが置かれている。
KAMEK'S MAGICSHOW
紫色の大きなお屋敷を模した建物に旗とロゴが掲げられている。『ダブルダッシュ!!』『DS』ではロゴ付きで登場した。『8』以降は屋敷の大きさが縮小し、『ツアー』では外観が完全にルイージマンションと同じになった。
ポチのアトラクション
ポチをあしらったアトラクション。『ダブルダッシュ!!』にのみ登場。
ヘイホーのアトラクション
ヘイホーをあしらったアトラクション。『ダブルダッシュ!!』にのみ登場。
Yoshi's Flying EGG
中央のオブジェやゴンドラはヨッシーのタマゴをあしらった、空中ブランコのアトラクション。『8』以降登場。
BABY CATSLEとベビィピーチの像
ピーチ城とは配色の異なるパステル調のお城があり、その前にスーパースターを持っているベビィピーチの像が置かれている。『8』『8デラックス』ではピンクゴールドピーチそのものの質感であったが、『ツアー』ではシンプルな金色に変更された。

脚注[]

関連項目[]

Advertisement