マリオペディア
Advertisement
マリオペディア
その のりものは なんでちゅか?
ととと、とってもたのしそう でちゅねえ…
ボッ、ボクに よこすでちゅ!

—ベビィクッパ

ベビィクッパBaby Bowser)は、マリオシリーズに登場するキャラクター。

概要[]

スーパーマリオ ヨッシーアイランド』で初登場したクッパの赤子時代の姿。小柄でつぶらな瞳をしていて、ツノは申し訳程度に生えている。現代のクッパと同じく横暴な性格で、それに加えわがままであり、様々なものを欲しがってはヨッシー達に迷惑をかける。当作でベビィマリオと共に赤子として登場したことから、マリオとクッパはだいたい同年代だと考えられる。また、赤子の頃にすでにカメックをはじめとする従者や城が存在しており、クッパの先代に統治者がいたことも考えられる。

後に『スーパーマリオサンシャイン』で見た目やコンセプトがよく似たクッパJr.が登場しレギュラーキャラとして活躍するようになったため、マリオカートシリーズやスポーツゲームで活躍するようになったベビィマリオやベビィルイージとは対照的に、ほぼヨッシーシリーズ外での出演はない。しかしヨッシーシリーズでは未だ現役で、毎回ラスボスとして立ちはだかっている。2キャラの一番分かりやすい見分け方は前掛けの有無、もしくは前掛けの柄の有無。

登場作品[]

スーパーマリオ ヨッシーアイランド / スーパーマリオアドバンス3
初登場作品。寝ていたところをカメックの声で目覚め、怒って踏み潰す。ヨッシーのことはただの楽しそうな乗り物としか思っておらず、ベビィマリオから奪うべく襲いかかってくる。ヒップドロップで衝撃波を起こして攻撃し、ヨッシーに触れるとベビィマリオと入れ替わりに乗ってしまう。こちらも同じくヒップドロップで衝撃波を3回与えることで倒れ、カメックの魔法でビッグクッパとなる。
ヨッシーストーリー
ヨッシー達が住む世界を絵本に閉じ込め、スーパーしあわせのツリーを盗んだ。ヨッシーのことは「マリオのおうまさん」としか考えていない。一緒に暴れようと戦闘を挑み、自身もオバケに乗って火を吹いたりボムへいを落としたりする。タマゴやボムへいを投げたり、それによって天井のトゲを落としてぶつけることでダメージを与えられる。戦闘になる部屋にはスーパーしあわせのツリーがありフルーツ(ハートフルーツ含む)が無限に生るので、回復しながら無敵状態で戦える。ただし、ハートフルーツには個数制限があり、クリアした6ページ目のコースにより生えてくる個数が決まる。
この作品ではなぜか一人称が「おいら」で、語尾に「です」を付ける。
ヨッシーアイランドDS
ヨッシー Newアイランド
寝ていたところをカメックの声で目覚め、怒って踏み潰す。ヨッシーのことは前に見たことがある乗り物としか思っておらず、ベビィマリオから奪うべく襲いかかってくる。今回はヒップドロップ時に落ちてくるヘイホーからタマゴを作り、ぶつけて戦うことになる。また、火を吹くようになった。空中で火を吹くときはふんばりジャンプをする。3回ダメージを与えることで倒れ、カメックの魔法でビッグクッパとなる。
ヨッシー ウールワールド / ポチと!ヨッシー ウールワールド
ヨッシー クラフトワールド
カメックと共にヨッシーからねがいかなえ太陽を奪おうとするが、弾みでビーズが飛び散ってしまう。その願いは「ボクだけのデカくてカッコいい最強のロボを作る」ことで、終盤ビーズが揃ったことでさいきょうクッパキングが完成してしまう。破壊後もさらにカメックの魔法とねがいかなえ太陽の力を借り、ビッグベビィクッパとなる。
マリオ&ルイージRPG2
一人称は「オレ」。真っ白なバンダナをつけている。過去のピーチ城でベビィピーチを拐おうとしていたところでチュートリアル戦闘になり、その後ゲドンコ星人が襲来してきたことでカメジェットで避難する。撃墜され目が覚めた頃にはマリオ達がクッパ城にあったコバルトスターのかけらを持ち去ってしまっていて、以降コバルトスターのかけらを巡って敵対することになる。ドッスン・ボルケーノでは現代のクッパとコンビで戦闘になる。終盤かけらが揃ったところで現れコバルトスターを完成させてしまうが、封印されていたゲドンコ姫(姉)にキノコにされてしまった。撃破後ベビィルイージの涙で元に戻り、偶然にもゲドンコを駆逐する方法が発見された。
大乱闘スマッシュブラザーズDX
観賞用フィギュアとして登場。
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
スピリットとして登場。

関連記事[]

Advertisement