マリオペディア
Advertisement

キノコ城ピーチ城(-じょう、Peach's Castle)は、マリオシリーズに登場する建造物。

概要[]

ピーチを始めとする、キノコ王国の要人が住まう王城。国の政治を担う中心であり、キノコ王国そのもののシンボルとしても扱われる。その存在が初めて登場したのは『スーパーマリオRPG』だが、『スーパーマリオ64』以降の作品では概ねその外装やエントランスは同作を基準に作られることが多い。大々的に登場する際は、概ねクッパなどの外圧に乗っ取られる。

元々は「キノコ城」という名前であったのだが、『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』の対戦ステージとして登場する際に開発側がその名称を確認しておらず「ピーチ城上空」「ピーチ城」と誤表記をしたことでこの名称が一般化し、後にマリオシリーズでも統一されていった。

外装[]

白のレンガに赤の屋根瓦、そして中央上部にコーン状の塔があるデザインであることがほとんど。大きさやコーンの数、色合いなどは作品によってばらつきがある。

登場作品[]

スーパーマリオ64
本作の冒険の舞台。場内に飾られている絵画の世界に城を守るパワースターや住人が閉じ込められ、クッパに占拠された。
スーパーマリオギャラクシー
オープニング、エンディングに登場。星くず祭の夜、ピーチの手紙で城に招待されるところから物語が始まる。
スーパーマリオ オデッセイ
キノコ王国 ピーチ城として登場。
New スーパーマリオブラザーズ Wii
オープニングで、城の中でピーチの誕生日を祝っており、ここが冒険のスタート地点となる。
New スーパーマリオブラザーズ U
クッパ軍団が直接城に攻め入り、マリオたちを追い出して城を占拠。最終ステージとなる。
スーパーマリオメーカー 2
ストーリーモードで、アンドゥ犬がリセットしてしまった城をもう一度建て直すことになる。これまでの作品とは全く異なる土地に建っており、左右に緑や青の色の屋根をした城も建っている。
マリオカート64
コース「ピーチサーキット」で『スーパーマリオ64』のものが外装そのまま再現され登場。
マリオカートアドバンス
コース「ピーチサーキット」の背景に登場。
マリオカート ダブルダッシュ!!
マリオカート8
コース「マリオサーキット」の背景に登場。
スーパーマリオRPG
事実上の初登場作品。外装を含め何もかもが後の作品と異なる。ステージマップでは城下町の部分も含めてキノコ城と呼称されている。最初の仲間であるマロと出会った場所。
マリオストーリー
城ごとクッパに連れ去られる。ピーチの操作パートの舞台。マリオが移動するのはクッパ城攻略後最終決戦の場にたどり着くまでの間、およびプロローグとエピローグのみ。
スーパーペーパーマリオ
オープニングで名前のみ登場。
ペーパーマリオ オリガミキング
オリーによりカミテープでがんじがらめにされる形で城ごと占拠される。終盤、オリーの手で折られオリガミ城になる。
マリオ&ルイージRPG / マリオ&ルイージRPG1DX
プロローグで登場。飛行機の滑走路がある。
マリオ&ルイージRPG2
過去のピーチ城がゲドンコ星人に占拠され「ゲドンコ城」となってしまう。現代のピーチ城は現代唯一のマップで、ゲームを進めると各所にタイムホールが発生する。
マリオ&ルイージRPG3!!! / マリオ&ルイージRPG3DX
メタコロ病対策の会議のため要人が集まるがクッパに吸い込まれ、そのクッパもゲラコビッツにより追い出され占拠されてしまう。最終ステージとなるだけでなく、ゲラコビッツの改造でスーパーピーチロボに変形しクッパと巨大化バトルを繰り広げる。
レッキングクルー'98
トーナメントモードにて登場。スーパーファミコンで『スーパーマリオ64』のデザインの城が見られる珍しい作品。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
対戦ステージ「ピーチ城上空」「ピーチ城」「3Dランド」「マリオサーキット」として登場。

関連記事[]

Advertisement