マリオペディア
Advertisement
Non mario.gif この記事はマリオシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、マリオペディアではマリオ関連についてしか記述していません。また、編集の際はマリオに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。

パネルでポン』シリーズとは、インテリジェントシステムズが開発し、任天堂により発売されているパズルゲームシリーズ。

シリーズの概要[]

1995年にスーパーファミコン向けに第一作目が発売された、任天堂を代表するパズルゲームシリーズのひとつ。横に2つつながった点線のカーソルを操作して色とりどりのパネルの左右を入れ替えていき、タテかヨコに3つそろえて消していくマッチ3パズルに該当する。初代『パネルでポン』にはかわいらしい妖精たちが登場したが、後の作品ではキャラクターがヨッシーポケットモンスターシリーズどうぶつの森シリーズなどに交代させられていたり、キャラクターがそもそも登場しなかったりしている。

海外でのシリーズ名称は『Puzzle League』であることが多い。

マリオシリーズとの関わり[]

ヨッシーのパネポン - ゲームボーイ 1996年10月26日発売
スーパーマリオ ヨッシーアイランド』のキャラクターや音楽を使用した作品。隠しコマンドにより、スーパーファミコン版『パネルでポン』に登場した妖精たちが登場する「パネルでポンGB」を遊ぶこともできる。
ヨッシーのパネポン - スーパーファミコンサテラビュー) 1996年11月発売
日本国外向けに同年8月から発売されていたタイトルを日本向けに翻訳。原題は『Tetris Attack』。
NINTENDOパズルコレクション - ニンテンドーゲームキューブ 2003年2月7日発売
ドクターマリオ』『ヨッシーのクッキー』とならんで『パネルでポン』が収録。スーパーファミコン版以来の妖精キャラクターが登場。

客演・共演[]

あつまれ!!メイド イン ワリオ
多人数ゲーム「カードeめくり」で、引くカードの束を選択するときのカーソル移動の効果音に、『パネルでポン』のカーソル移動の効果音が使用されている。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
スマブラDX』以降、本シリーズの主人公である花の妖精リップが持つ「リップステッキ」がアイテムとして登場。『X』では『NINTENDOパズルコレクション』出典の妖精やパネルのイラストがシールとして、『SP』ではMiiファイターコスチューム及びスピリットとして花の妖精リップが登場。余談だが、カービィの下必殺ワザの「ストーン」で本作のおじゃまブロックに変身することがある。
キャプテン★レインボー
ミミン島の住人として、花の妖精リップが登場。庭では「パックンちゃん」を大切に育てている。
とびだせ どうぶつの森 amiibo+
家具「3DS」を使うと、おまけゲーム「どうぶつの森パネポン」を遊ぶことができ、花の妖精リップの服装を手に入れることもできる。

脚注[]

関連項目[]

Advertisement