マリオペディア
Advertisement

ハナチャンハナちゃんWigglerFlutter)は、マリオシリーズに登場するキャラクター。

概要[]

スーパーマリオワールド』で初登場。マリオと同程度の体高を持つ大きな黄色いイモムシで、頭に咲いた白い花と大きな茶色い鼻が特徴。茶色とオレンジの斑点模様を持つ。体の節の数は基本的に頭を含め5つであり、頭以外の胴体からはそれぞれ赤い靴を履いた1対の足が生えている。普段はゆっくり歩いているだけだが、頭を踏まれる(ことにより頭に咲いた花を散らされる)ことで怒って赤くななり、倍の速さで踏んだ者を追い掛けてくる。踏むとジャンプ台と同じくらい跳ねることができる。ファイアボールやアイスボールが通じず毒沼に使っても消滅しないなど、アクションゲーム作品では防御が高い。

クッパ軍団に属するものとして登場することもあるが、それとは関係なく怒らせた仕返しで敵対することも多く、自ら攻撃をしかけてくることは少ない。むしろクッパ軍団に対して良い感情を持っていない描写があったり、味方として手助けしてくれることもある。セリフがある作品では基本的にですます口調でしゃべる。植物を愛するキャラとして登場することが多い。

スーパーマリオ ヨッシーアイランド』では成虫になった姿が初登場した(海外では"Flutter"と呼ばれ区別されている)。水色の斑点模様がある白い蝶の羽を持っている。また、節の数が頭を含め3つに、が1対に減り、手袋を着けた手が生えた。この形態では自由に空を飛ぶことができる。作品によっては変態する瞬間が描かれれていることもある。

その体の長さと体型からか、スポーツなどの番外作にプレイアブルキャラとして登場することは多くない。登場した際は、足の一部が成虫になった時の手に変化する。

登場作品[]

スーパーマリオワールド / スーパーマリオアドバンス2
初登場作品。
スーパーマリオアドバンス4
e+コースに登場。
New スーパーマリオブラザーズ
New スーパーマリオブラザーズ Wii
New スーパーマリオブラザーズ 2
New スーパーマリオブラザーズ U/New スーパールイージ U/New スーパーマリオブラザーズ U デラックス
スーパーマリオメーカー / スーパーマリオメーカー 2
パーツとして登場。
スーパーマリオ64 / スーパーマリオ64DS
コース13のボスとして登場。天井に穴が開いてびしょ濡れになり怒っていたが、倒すと空が見えるのも悪くないとパワースターを返してくれる。
スーパーマリオギャラクシー
スーパーマリオギャラクシー2
マリオカート ダブルダッシュ!!
ハナチャンを模したカートであるハナチャンカーとして登場。障害物として、ハナチャンを模した巨大なバスも登場。接触すると後ろのドライバーが落ちそうになる。
マリオカートDS
ミッションランの7面のボス(すなわち実質的なミッションランのラストボス)として登場。コース上を走行する一般車両を跳ね飛ばせるうえにとても早く、ファイナルラップになると素早さが上がり、近道を通るなどする。
マリオカートWii
メイプルツリーハウスにお邪魔キャラクターという形で登場している。開発中はプレイヤー候補であり、バイクに長い身体を巻きつけて乗るというキャラクターだったらしいが結局没になった。
マリオカート7
隠しキャラとしてレースにも参戦する。
マリオカート8
ハナチャンを模したハナチャンバギーが登場。
マリオカート8 デラックス
引き続きハナチャンバギーが登場。2022年からリリースを開始した「コース追加パス」では、追加された「Wii メイプルツリーハウス」に障害物として登場するほか、第5弾ではレーサーとしても復活参戦。
マリオカート ツアー
スーパーマリオRPG
ハナチャンの森にザコ敵として登場。切り株から現れ跳び回っている。洞窟には寝ているものもいる。
ジャンプで頭を踏んづけると戦闘開始にならずコインを出しながら逃げていく。上手く操作して連続で頭を踏み続けると放出するコインがカエルコインに変化しだす。横から触れる、踏みつけに失敗し激突されるなどすると通常戦闘も行われる。
マリオ&ルイージRPG/マリオ&ルイージRPG1 DX
ゲラゴーニュの森でボスとして登場。赤ゲラッパの実の元に通じる茂みの穴に詰まっているので、ハンマーで叩いて先に進もうとするとバトルになる。体を全て攻撃して黄色くしないとダメージを与えられない。体を起き上がらせてからの衝撃波攻撃と突進をしてくる。倒すと泣きながら逃げていく。
マリオ&ルイージRPG3!!!/マリオ&ルイージRPG3 DX
エクボンの森でボスとして登場。マグナムキラーの代わりを手に入れようとギガニンジンを勝手に引っこ抜いたクッパに責任を持って食べさせる。1分以内に食べきれば畑に落ちたマグナムキラーを返す約束だったが、成功するとシラを切り態度が悪いことに怒って戦闘になる。今回は直接押しつぶしたり周囲を回転しながら接近してぶつかったりする他、一番前の足を手に変化させジョウロで水やりをし、はっぱヘイホーカブを引っこ抜いて攻撃してくる。倒すとクッパを追い出すようにマグナムキラーを返す。
その後マリオとルイージが「スイーツバスケット」のアタックパーツを集めに来た際にも登場。クッパが大暴れした事件をきっかけに「けーかいたいせい」に入っており「地面がグラグラ揺れるアタック」が完成すると知ると怒り、ハナチャンの塞いでいるマップにあるもの以外の全てのパーツを集めてこないと通してくれない。
マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー
メザメタウンでボスとして登場。モエゴンの家への道がある空き地で花畑を作ろうとしていた。ガードマンと勘違いしたパーニョに出ていくよう言われた挙句ダンゴムシと呼ばれ、怒ってマリオ達を巻き込み戦闘になる。今回は最初からダメージが与えられる。衝撃波攻撃や突進など技は前作とあまり変化がないが、パーニョが頭の花を引っ張って攻撃を苛烈にしてしまったり、怯えてくっついてジャンプの邪魔をしたりと終始足手まといになる。倒した後はそのままパーニョがボスになる。戦闘後、誤解が解けてなお文句をつけるパーニョに対して再び怒り追いかけていった。
マリオ&ルイージ ペーパーマリオ MIX
カブータ森林で登場。お腹が空いているところに木の実をあげると元気を取り戻し、ペーパーカメックの魔法で森をめちゃくちゃにされたことに怒って障壁をぶっとばす。その後再び木の実や食後のデザートのメロンを与えたり、電気の走る門を解除したりするとどんどん先へ進むが、最奥部でペーパーカメックの魔法で操られてボスとなってしまう。今回は巨大化しており最初からダメージが与えられる。また、ペーパーヤリホーが同時に出現する。衝撃波攻撃や突進、種飛ばしに加え、キャラ一人を追いかけて押し潰そうとしてくる技も使う。また、大玉に乗って奥から追いかけてくる技も使い、初めてのブーメラン防御で大玉を壊すことになる。体力を削りきると疲れて動かなくなり、ペーパーカメックが戦闘に乱入してくるが、数ターン後にハナチャンを回復させて逃げてしまう。ペーパーカメックを倒すと戦闘終了。その後遺言のようなセリフを残して眠りにつき、天使のようなパタクリボーに運ばれていくが、悲しみに暮れるマリオたちの前に成虫となってまた現れた。ソクリ山地まで乗せてくれる。
ペーパーマリオ スーパーシール
3-1「ラクヨウロード」で初登場。やんちゃで子供っぽい性格。毒で森の葉が汚れ食べられなくなってしまったので、森の入り口まで来て食事をし眠っていた。モノシールのトランペットで起こすと目が覚める。毒をなんとかしてくれるということでマリオたちを自身の家まで案内しようとしてくれるが、ボスゲッソーの触手に捕まりゲッソーに家まで運ばれ、カメックの魔法で体をバラバラにされてしまう。毒の原因はアラナミ海岸の島に居座るボスゲッソーであり、カメックがハナチャンは毒の上を歩けることを知っていたため狙われてしまったのだった。各ステージを巡ってハナチャンのからだを4体連れてきて、ペパライズでつなぎ合わせることで元通りになる。その後カメックの真意に気づいたルーシーが怒ると共に真っ赤になって怒り、アラナミ海岸までダッシュで移動する。マリオたちはこれに乗せてもらいボスゲッソーの元まで行くことができる。その後はしばらく家を留守にしているが、空中クッパ城出現後成虫になり再登場。性格もどこか大人びたものになっていて、空を飛んで城まで運んでくれた。
本作にはいわゆる「ハナチャンのテーマ曲」が存在し、「つかまりません」「おこってるんです」など、ハナチャンに関連する場面で様々なアレンジが流れる。
マリオパーティ2
マリオパーティ3
マリオパーティ5
成虫姿で登場。ランプのまじんやキノコまじんに代わり、現在地に関係なくスターのある位置まで運んでくれるキャラクターとなった。
マリオパーティ6
モード「デカスロンパーク」の待機画面背景に登場。イモムシ姿で登場するが、途中から成虫姿になっている。
マリオパーティ7
ミニゲーム『ハナチャンをすくえ!』に登場。
マリオパーティ8
マリオパーティDS
マップ「ハナチャンのガーデン」に登場。
マリオパーティ9
マリオパーティ アイランドツアー
マリオパーティ10
マリオパーティ スターラッシュ
マリオパーティ100 ミニゲームコレクション
スーパー マリオパーティ
成虫姿で登場。各マップでショップを営んでいる。
マリオゴルフ スーパーラッシュ
最終アップデートでプレイヤーキャラとして追加された。
マリオテニスGC / Wiiであそぶ マリオテニスGC
プレイヤーキャラクターとしての初登場。ボスパックンとダブルスを組んでいる。足が遅い代わりにその長大な身体のため非常にリーチが長いというのが特徴。
スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール
スーパーマリオ ヨッシーアイランド / スーパーマリオアドバンス3
成虫姿のハナチャンが初登場。ザコ敵として登場する。
ヨッシーのパネポン
「ハナちゃん」名義で成虫姿で登場。「VSコンピュータ」では「はなの ステージ」で登場する。
ヨッシー New アイランド
ヨッシークラフトワールド
成虫姿で登場。
スーパープリンセスピーチ
ムカム火山のボスとして登場。

派生種[]

巨大ハナチャン
陸地になるほど巨大で長いハナチャン。踏んでも怒らない。7-3のみに登場し、背中に乗ってゴールへ進むことになる。
わかばちゃん
ハナチャンの赤ちゃん。足がない。頭が花ではなく、葉っぱになっている。地面を這って進み、壁も登る事ができる。
でかハナチャン
巨大ハナチャンほどではないが大きなハナチャン。踏んでも怒らない。
ポイハナ
ハナチャンの体の節に唇と尖ったしっぽを付けたような敵。唇で空高くマリオを放り投げる。青い個体と赤い個体がいる。
チュウハナ
頭から芽が生えた大きなポイハナ。マンマビーチに登場する中ボスで、ぐらぐらカガミの上に乗っておおすなどりの孵化を阻害していた。放水してバランスを崩させ、縁から落とすことで倒せる。6体出現する。
ボスハナチャン
巨大な緑色のハナチャン。マンマビーチに登場するボスで、怒りながら特定のルートを爆走する。
シマハナチャン
  • 初登場作品 : スーパーマリオオデッセイ
失われた国に生息する、哺乳類にも近い見た目をした派手な色合いのハナチャン。体を長く伸ばして離れた陸地を移動する。キャプチャー可能。
メカハナチャン
  • 初登場作品 : スーパーマリオオデッセイ
都市の国のボスである、巨大なイモムシ型のロボット。リアルな機械の姿をしていてハナチャンの見た目の要素はほぼ無い。ニュードンク市庁舎に張り付き電力を吸い取っていた。ワープホールを駆使してビルの壁や地面を這い回り、こちらはタンクローにキャプチャーして戦うことになる。
ハナチャンのからだ
バラバラにされてしまったハナチャンの体。それぞれに意思があるようで自由に動いており、全てのからだを集める事がワールド3の一つの目的になっている。場所によってはボスとして戦うことにもなる。全ての体を集めた後、ペパライズで繋げることでハナチャンを元に戻す事ができる。
ゲナちゃん
キノープルの森のボスである、アンテナとタコのような口を持つ緑色のハナチャン。森の奥の工場で、UFOにキノピオの生命エネルギーを供給していた。吸っているジュースの色によって行動が変化する。ジュースの色は同時に出現するゲドンコドクターの持つキノコによって変わる。
ケムちゃん
1-2「ビックリンで びっくり」のみに出現する毛むくじゃらの緑色のハナチャン。全身を踏んで紫色にすると倒すことができ、メロンをドロップする。
イモちゃん
4-4「ジャングルの ニョロロン」のみに出現する葉っぱに乗ったイモムシ。空から降ってきて、葉っぱを食べると回復するがイモちゃん本体はまずい。あお / みずいろヨッシーならイモちゃん本体を食べても大丈夫。

余談[]

  • スーパーペーパーマリオ』の内部データには、ハナチャンがザコ敵として存在する。移動アニメーションのみが用意されている。

関連項目[]

Advertisement