マリオペディア
Advertisement
マリオペディア
Non mario.gif この記事はマリオシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、マリオペディアではマリオ関連についてしか記述していません。また、編集の際はマリオに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。

ニンテンドーDSNintendo DS)とは、2004年12月2日に任天堂から発売された携帯型家庭用ゲーム機。単に「DS」とも呼ばれる。

概要[]

ゲームボーイアドバンスに次ぐ任天堂の携帯ゲーム機第四世代。最大の特徴はマルチスクリーンのように上下に分けられた画面で、下画面はタッチスクリーンになっており指や付属のタッチペン、タッチストラップなどでタッチすることで専用の反応をさせることができる。そのハード名の「DS」は2画面であることを示す「Dual Screen」から取られている他、ソフトメーカーが対応ソフトを製作しやすいというメリットもあり「Developers' System」(開発者向けのシステム)からも取られていると2004年のE3で説明された。

前世代機のゲームボーイアドバンスのソフトと完全互換があるが、ゲームボーイアドバンスでは遊べたゲームボーイのカートリッジには対応していない。また、次世代機であるニンテンドー3DSではDSのソフトに互換性がある。

ワイヤレス通信に対応していて「ダウンロードプレイ」によりソフトを持たないプレイヤーでもソフトを持ったプレイヤーと通信ができるといった機能も備わるほか、Wi-Fi通信でインターネットを介しした通信を行うこともできた(現在はサービス終了済み)。

派生商品[]

発売されたマリオシリーズ[]

発売日は断りがない限り日本国内での発売日を記載。

2Dスーパーマリオシリーズ[]

New スーパーマリオブラザーズ - 2006年5月25日発売
スーパーマリオ ヨッシーアイランド』から実に11年越し、これを除けば『スーパーマリオランド2 6つの金貨』以来14年越しとなる2Dスーパーマリオシリーズ完全新作。

3Dスーパーマリオシリーズ[]

スーパーマリオ64DS - 2004年12月2日発売
DSのローンチタイトルのひとつ。『スーパーマリオ64』のアレンジ移植作品。操作キャラクターにルイージワリオヨッシーが追加。

マリオカートシリーズ[]

マリオカートDS - 2005年12月5日発売
マリオカートシリーズ第五作目。Wi-Fi対戦に対応、国内と世界中でマッチングが違う。

マリオ&ルイージRPGシリーズ[]

マリオ&ルイージRPG2 - 2005年12月29日発売
マリオ&ルイージRPGシリーズ第二作目。ベビィマリオベビィルイージがプレイヤーとして参加。
マリオ&ルイージRPG3!!! - 2009年2月11日発売
マリオ&ルイージRPGシリーズ第三作目。クッパが三人目の主人公として活躍する。

マリオ&ソニックシリーズ[]

マリオ&ソニック AT 北京オリンピック - 2008年1月17日発売
同名のWii用タイトルのDS版。
マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック - 2009年11月19日発売
同名のWii用タイトルのDS版。

その他のマリオスポーツゲーム[]

マリオバスケ 3on3 - 2006年7月27日発売
マリオ達がバスケットボールで対戦。ファイナルファンタジーシリーズのキャラクターと共演。

マリオパーティシリーズ[]

マリオパーティDS - 2007年11月8日発売
携帯機版マリオパーティシリーズ第二作目。

その他のマリオゲーム[]

役満DS - 2005年3月31日発売
マリオキャラ達と対局する麻雀ゲーム。
Wi-Fi対応 役満DS - 2006年9月14日発売
いただきストリートDS - 2007年6月21日発売
スクウェア・エニックスの発売する『いただきストリート』シリーズの作品。マリオシリーズとドラゴンクエストシリーズが共演。

発売されたマリオファミリーゲーム[]

ドンキーコングシリーズ[]

ドンキーコング ジャングルクライマー - 2007年8月9日発売
ぶらぶらドンキー』の系譜を継ぐクライミングアクションゲーム。

マリオvs.ドンキーコングシリーズ[]

マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進! - 2007年4月12日発売
シリーズ第二作目。ゲームシステムが大きく変わり、タッチペンで仕掛けを動かしミニマリオをゴールへ導く。
マリオvs.ドンキーコング 突撃!ミニランド - 2010年12月2日発売

ヨッシーシリーズ[]

キャッチ!タッチ!ヨッシー! - 2005年1月27日発売
タッチペンでベビィマリオを導くアクションゲーム。
ヨッシーアイランドDS - 2007年3月8日発売
スーパーマリオ ヨッシーアイランド』の系譜を継ぐアクションゲーム。ベビィマリオを始めとする5人のベビィ達を背に乗せ冒険する。

ワリオランドシリーズ[]

怪盗ワリオ・ザ・セブン - 2007年1月18日発売
ワリオランドシリーズ第七弾。タッチペンでワリオに模様を描いて7つの変身を駆使するアクションゲーム。

メイド イン ワリオシリーズ[]

さわるメイド イン ワリオ - 2004年12月2日発売
DSのローンチタイトルのひとつ。タッチで遊ぶため十字キーをほとんど使わない。
メイドイン俺 - 2009年4月29日発売
5秒のプチゲームを自分で作成するソフト。

その他のマリオファミリーゲーム[]

スーパープリンセスピーチ - 2005年10月20日
ピーチ姫が主人公となるアクションゲーム。

マリオファミリーが出演するゲーム[]

大合奏!バンドブラザーズ - 2004年12月2日発売
収録楽曲に「マリオメドレー」「ファミコンミニメドレー」がある。「ファミコンミニメドレー」には『マリオブラザーズ』『ドクターマリオ』『ドンキーコング』『レッキングクルー』の楽曲が内包。
エレクトロプランクトン - 2005年4月7日発売
プランクトンの一種「ツリガネムシ」が発するファミコンサウンドの中に『スーパーマリオブラザーズ』のBGMや効果音がある。
プレイやん - 2005年2月21日発売
ゲームボーイアドバンスSPとニンテンドーDSで使用可能なインターネット限定販売のポータブルAVプレイヤー。公式サイトにて本ソフトで遊ぶことのできるミニゲームを配布しており、そのなかに『まわるメイド イン ワリオ』の「ネコロイド」がある。
nintendogs - 2005年4月21日発売
おもちゃグッズとして「マリオカート」「ピーチカート」「クッパカート」というラジコンおもちゃが登場。犬につけるアクセサリーには「赤い帽子」「緑の帽子」がある。
東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング - 2005年5月19日発売
トレーニングの結果が「徒歩級」だと、『スーパーマリオブラザーズ』のミス時ジングルの口笛が聴ける。
DS楽引辞典 - 2005年6月16日発売
「マリオ」「ドンキーコング」といった任天堂関連の単語が収録されている。
やわらかあたま塾 - 2005年6月30日発売
おもしろもんだいのひとつ「型抜きパズル」で、『スーパーマリオブラザーズ』のドットマリオをモチーフにした図柄が登場することがある。
PLAY-YAN micro - 2005年9月13日発売
上記2機種にくわえてゲームボーイ ミクロにも対応したポータブルAVプレイヤー。公式サイトで配布されているキーファイルをダウンロードすると、全体のスキンを「マリオバージョン」に差し替えることができる。
大合奏!バンドブラザーズ 追加曲カートリッジ - 2005年9月26日発売
「キャッチ!タッチ!ヨッシー! とことこヨッシー★」「スーパーマリオ64 DS スライダー」「さわるメイドインワリオ アシュリーのテーマ」「ドンキーコングジャングルビートのテーマ」「ヨッシーアイランド アスレチック」が収録。
大人のDSゴルフ - 2005年11月10日発売
プレイヤーのカスタマイズで、男性用のスペシャルウェアに「オーバーオール」、女性用のスペシャルウェアに「ももいろドレス」が存在。
おいでよ どうぶつの森 - 2005年11月23日発売
マリオシリーズに関する家具が登場する。
東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング - 2005年12月19日発売
トレーニングの結果が「徒歩級」だと『スーパーマリオブラザーズ』のミス時ジングルの口笛が聴けるほか、『ドクターマリオ』を題材とするおまけモード「細菌撲滅」が収録。
漢字そのまま DS楽引辞典 - 2006年4月13日発売
「マリオ」「ドンキーコング」といった任天堂関連の単語が収録されている。
伝説のスタフィー4 - 2006年4月13日発売
きせかえグッズに「おひめさまとカサ」というものがある。ユーザー投稿作品。
テトリスDS - 2006年4月27日発売
各種モードがファミコン作品をモチーフとしており、「スタンダード」モードは『スーパーマリオブラザーズ』、「プッシュ」モードは『ドンキーコング』、「パズル」モードは『ヨッシーのクッキー』を下地に置いている。
ニンテンドーDSブラウザー - 2006年7月24日発売
パッケージのDS画面に『New スーパーマリオブラザーズ』のパッケージと同じイラストが映っている。
GAME & WATCH COLLECTION - 2006年7月28日発売
ドンキーコング』が収録されている。
タッチで楽しむ百人一首 DS時雨殿 - 2006年12月14日発売
マリオの絵柄の物がある。
平成教育委員会DS - 2006年12月21日発売 - バンダイナムコゲームス
スーパーマリオブラザーズ3』のBGMが使用されている。
シムシティDS - 2007年2月22日発売 - エレクトロニック・アーツ
「なんこうフラク」のパスワードで、ランドマークのひとつ「クッパ城」を開放できる。所在地は「Nintendo」、建設年は「1985年」。
燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2 - 2007年5月17日発売
ステージ「ガンバレお兄ちゃん! 夢の中は水漏れ厳禁!?」の演出で、赤と緑の配管工が登場する。
太鼓の達人DS タッチでドコドン! - 2007年7月26日発売 - ナムコ
楽曲「スーパーマリオブラザーズ」を収録。
タシテン +たして10にする物語+ - 2007年10月10日発売
タシテンゲーム「ぶんしんフロッグス」のスーパーチャンプ"スーパー・カエロ"がマリオをモチーフにしている。
The Tower DS - 2008年6月26日発売
マリオタワーがある。
大合奏!バンドブラザーズDX - 2008年6月26日発売
「楽器事典」で各楽器を見ると任天堂タイトルに関する楽曲が流れる。
リズム天国ゴールド - 2008年7月31日発売
リズムゲーム「リミックス2」で「シューティング」の時の背景にある月にうちゅうウサギの影が映っている。また、「リミックス9」でハイレベルを獲得した後の一枚絵にもうちゅうウサギが登場。
クイズマジックアカデミーDS - 2008年9月12日発売 - コナミ
マリオシリーズに関する問題が収録されている。
星のカービィ ウルトラスーパーデラックス - 2008年11月6日発売
カービィのストーン能力でレンガブロックとマリオ像が、デデデ大王戦の背景の観客席でマリオ、ルイージ、ピーチ、ワリオ、キノピオが登場。リメイク元『星のカービィ スーパーデラックス』からのプチゲーム「かちわりメガトンパンチ」にもマリオ、ルイージ、キノピオ、キャサリン、ピーチ(見切れている)がいる他、モード「大王の逆襲」のスタッフロールでマリオ像が登場。
ファンタシースターZERO - 2008年12月25日発売 - セガ
マリオシリーズの土管をモチーフにしたコラボ武器「ドカンバズーカ」「ドッカンバズーカ」が登場する。ドカンバズーカは緑色、ドッカンバズーカは金色。
おかえり!ちびロボ!ハッピーリッチー大そうじ! - 2009年7月23日発売
アイテムの「ちびフルイ」でチリをふるって入手できるアイテムに「スター」がある。換金額は5000マネ。
クイズマジックアカデミーDS ~二つの時空石~ - 2010年2月11日発売 - コナミ
マリオシリーズに関する問題が収録されている。
ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート - 2011年1月27日発売 - コナミ
「ハイカンコウ」の職業を持つ人物の姿が、緑色の帽子とシャツに青色オーバーオールという服装で、この人物を「Weegee」という単語で呼び出すことが出来る。
スーパースクリブルノーツ - 2011年10月13日発売 - コナミ
『マックスウェルの不思議なノート』の続編。前作にある要素の他、本作ではレンガで構成された地形にブロックとカメが並ぶというマリオシリーズをモチーフにしたステージが登場。


ニンテンドーDSに関連するマリオ作品[]

マリオカートDS
バトル用のステージとしてニンテンドーDSが登場。
スーパーペーパーマリオ
ハザマタウンの料理屋スマイルとウラハザマタウンの料理屋スパイスにあるおりょうりガイドがDSの形をしている。また、ミステールに渡すことになるお使いイベントアイテム「トレーニングマシン」もDSの形をしていて、「脳を鍛えるトレーニング」に使うものであるということが聞ける。なお、このアイテムはア・ゲールから譲ってもらうのだが、譲ってくれた理由が「『軽くてコンパクトな新型』を手に入れたから」。
マリオ&ルイージRPG2
ゲドンコ星人がUFOを呼び出すのに使う機械がDSの形をしている。
マリオパーティDS
ストーリーモードで、ひかるピースを全て集めるとDSのような形になり、「たのしいゲーム」が手に入る。
さわるメイド イン ワリオ
ワリオがマンホールから現れた神様からニンテンドーDSのようなゲーム機を強奪するところからストーリーが始まる。
メイド イン ワリオ ゴージャス
ガチャコロンで手に入るニンコレのひとつとして登場。
ルイージマンション2
ドコデモシャベレールという、DSと酷似したアイテムが登場する。


脚注[]

関連記事[]

Advertisement