マリオペディア
(interwiki)
4行目: 4行目:
   
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
同名のゲーム作品『[[ドンキーコングJR.]]』で主人公として登場した赤ちゃんゴリラで、[[ドンキーコング (初代)|ドンキーコング]]の息子。胴体を覆う白い衣服を身に付けており、服の真ん中には「J」の文字が印字されている。[[マリオ]]にとらえられた父親ドンキーコングを救うため、ツタを伝って<!--面白ギャグ-->画面上へと向かっていく。同作のファミコン移植版や続編『[[ドンキーコングJR.の算数遊び]]』などで登場したのちしばらく出番はなかったが、アーケード版から10周年となる1992年に『[[スーパーマリオカート]]』でレーサーとして再登場。その後もゲームボーイ版『[[ドンキーコング (ゲームボーイ)|ドンキーコング]]』や『[[マリオテニス64]]』など細々と出番はあったが、[[レア社]]の『[[スーパードンキーコング]]』シリーズで登場しなかったがために以降のシリーズではぱったりと出番が消滅してしまった。
+
同名のゲーム作品『[[ドンキーコングJR.]]』で主人公として登場した赤ちゃんゴリラで、[[ドンキーコング (初代)|ドンキーコング]]の息子。胴体を覆う白い衣服を身に付けており、服の真ん中には「J」の文字が印字されている。[[マリオ]]にとらえられた父親ドンキーコングを救うため、ツタを伝って<!--面白ギャグ-->画面上へと向かっていく。同作のファミコン移植版や続編『[[ドンキーコングJR.の算数遊び]]』などで登場したのちしばらく出番はなかったが、アーケード版から10周年となる1992年に『[[スーパーマリオカート]]』でレーサーとして再登場。その後もゲームボーイ版『[[ドンキーコング (ゲームボーイ)|ドンキーコング]]』や『[[マリオテニス64]]』など細々と出番はあったが、[[レア社]]の『[[スーパードンキーコング]]』シリーズで登場しなかったがために以降のシリーズではぱったりと出番が消滅してしまった。もっとも消息不明とまではいかず、細々と一部のマリオシリーズに登場し続けてはいる
   
 
== 登場作品 ==
 
== 登場作品 ==

2021年5月22日 (土) 02:05時点における版

ドンキーコングJr.( - ジュニア)は、任天堂が展開するドンキーコングシリーズ及びマリオシリーズなどの作品に登場するキャラクター。

概要

同名のゲーム作品『ドンキーコングJR.』で主人公として登場した赤ちゃんゴリラで、ドンキーコングの息子。胴体を覆う白い衣服を身に付けており、服の真ん中には「J」の文字が印字されている。マリオにとらえられた父親ドンキーコングを救うため、ツタを伝って画面上へと向かっていく。同作のファミコン移植版や続編『ドンキーコングJR.の算数遊び』などで登場したのちしばらく出番はなかったが、アーケード版から10周年となる1992年に『スーパーマリオカート』でレーサーとして再登場。その後もゲームボーイ版『ドンキーコング』や『マリオテニス64』など細々と出番はあったが、レア社の『スーパードンキーコング』シリーズで登場しなかったがために以降のシリーズではぱったりと出番が消滅してしまった。もっとも消息不明とまではいかず、細々と一部のマリオシリーズに登場し続けてはいる。

登場作品

ドンキーコングJR.
初登場作品。
ドンキーコング (ゲーム&ウオッチ)
アラーム係として登場。
ドンキーコングJR. (ゲーム&ウオッチ)
ドンキーコングJR.の算数遊び
プレイヤーとして登場。対戦時、2Pが操るドンキーコングJr.は体毛の色がピンク色になっている。
ドンキーコング (ゲームボーイ)
スイッチを勝手に切り替えるおじゃまキャラクターとして登場。
スーパーマリオメーカー
キャラマリオとして登場。
スーパーマリオカート
レーサーとして登場。重量級。
マリオカート ツアー
スーパーマリオブラザーズ35周年の一環として、『スーパーマリオカート』のドット絵そのままの姿でレーサーとして登場。
マリオテニス64
隠しプレイヤーとして登場。二代目ドンキーコングのダブルスパートナーとして選出。時系列的には二代目ドンキーコングよりも年上であるはずなのだが、なぜか赤ん坊のままの姿で登場。
まわるメイド イン ワリオ
プチゲーム「ドンキーコングJr.」に登場。
メイド イン ワリオ ゴージャス
プチゲーム「ドンキーコングJr.」に登場。
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
DX』では観賞用フィギュアとして、『X』ではシールとして、『SP』ではスピリットとして登場。

関連記事