マリオペディア
Advertisement


ドンキーコングJR.』( - ジュニア、DONKEY KONG JR.)は、1982年に任天堂から発売されたアーケードゲームである。2年後の1983年にはファミリーコンピュータ版が本体と同時発売された。

ゲーム概要[]

子どものゴリラ・ドンキーコングJr.を操作して、オリに閉じ込められたパパことドンキーコングを救出する一画面固定アクションゲーム。前作『ドンキーコング』で主役を務めたジャンプマンことマリオは、ドンキーを捕らえて逃げる悪役として登場。本作はゲーム作品で初めて「マリオ」の名が使用されたゲームでもある。

おなじみのジャンプアクションに加え、ジャンプ台つるなどの新要素も数々登場。のちのドンキーコングシリーズマリオシリーズにも大きな影響を与えた。

ゲーム内容[]

4つのステージを進んでいき、パパドンキーを救出する。

登場キャラクター[]

ドンキーコングJr.
本作の主人公。「J」の字が書かれた白のベビー服を身に付けた赤ちゃんゴリラ。
ドンキーコング (初代)
ジュニアのパパ。マリオにオリに入れられている。
マリオ
本作の悪役。ドンキーをオリに閉じ込め逃げ回り、ムチで動物を使役してけしかける。
スナップジョー
鎖のついた機械仕掛けのワニのような敵キャラクター。
ニットピッカー
2面に登場する、胴体の細い鳥の敵キャラクター。飛び回りながらタマゴを落として攻撃。
(ニットピッカー)
4面に登場する、くちばしの大きい鳥の敵キャラクター。ジグザグに移動する。説明書では記名がないが『ドンキーコングJR.の算数遊び』の説明書ではこちらに「ニットピッカー」と名前が振られている。
スパーク
3面に登場。こちらも外見が異なる2種類が登場。黄色いものは各足場をグルグルとまわっており、青いものは順に足場を下っていく。

移植作品[]

関連項目[]

外部リンク[]

Advertisement