マリオペディア
マリオペディア

ドンキーコングJR.』( - ジュニア)は、1982年に任天堂から発売されたアーケードゲームである。2年後の1983年にはファミリーコンピュータ版が本体と同時発売された。

ゲーム概要[]

マリオによって檻に幽閉されたドンキーコングを、息子のドンキーコングJr.が助けに向かう、一画面固定アクションゲーム。

4面を1周として構成されており、4面をクリアすると難易度が上がった1面からまた始まるループ制。ファミリーコンピュータに移植される際に1面カットされた前作『ドンキーコング』とは異なり、こちらはファミリーコンピュータ版の場合も4面構成である。(ただしコレコビジョン版は、ファミコン版で言う1面、4面、1面、2面、4面の計5面で構成されている)

ジャンプがメインの前作と異なり、ツルを上り下りするアクションが特徴的。ツルを上る時は2本のツルを両手でつかむことで速く上昇し、下りる時は1本のツルにしがみつくことで一気に下降することができる。ジュニアの唯一の武器となるステージの各所に配置されている果物を上手く使って攻略していく。4面は鍵を押し上げてパパコングの閉じ込められた檻を開けるステージになっている。

アーケード版で初めてマリオの名前が出たゲームであり、マリオが悪役を演じる唯一の作品でもある。なお、本作まではマリオとドンキーコングは共演していたが、次回作より別々の道を歩むことになり、本作はドンキーコングシリーズとして独立することになっていった。

ゲーム&ウオッチ[]

ファイル:Donkey Kong jr Tabletop.jpg

テーブルトップ版

本作は、ゲーム&ウオッチにも何度か移植されている。

  • 1982年10月26日 『ドンキーコングJR.』(ニューワイドスクリーン)
  • 1983年3月7日 『ドンキーコング2』(マルチスクリーン)
  • 1983年4月28日 『ドンキーコングJR.』(テーブルトップ)
  • 1983年10月7日 『ドンキーコングJR.』(パノラマスクリーン)

以上のほかに、海外ではミニクラシックスでも発売された。

また、『ゲームボーイギャラリー3』にはJR.と2が、『GAME&WATCH GALLERY 4』(日本未発売)にはJR.が収録されている。

2009年8月19日よりニンテンドーDSiウェアとしてニューワイドスクリーンの移植版が配信されている。

シャープ版ファミコンソフト、ドンキーコングJr&Jrの算数レッスン[]

シャープより発売されていたファミコン内蔵テレビC1には、ドンキーコングJrのソフトが同梱されていた。このソフトは、ドンキーコングJrとJrの算数レッスンの2つのソフトが同じロムに入っていた。ただし、ドンキーコングJrに関しては、1面と4面だけの2ステージ構成になっており、算数レッスンが入っている分オリジナルの2面・3面がカットされているなどの違いがある。なお、このソフト単体では販売されていない。

関連項目[]

外部リンク[]