マリオペディア
Advertisement
Non mario.gif この記事はマリオシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、マリオペディアではマリオ関連についてしか記述していません。また、編集の際はマリオに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。

ドラゴンクエスト』シリーズ(Dragon WarriorDragon Quest)とは、スクウェア・エニックス(旧エニックス)によって開発・発売されているRPGシリーズ。

シリーズの概要[]

1986年に発売されたファミリーコンピュータ用ソフト『ドラゴンクエスト』を第一作目とする、日本を代表するコンピュータRPGゲーム。西洋風の世界を舞台に、世を乱す魔王やその眷属であるモンスターを倒すため、"勇者"と呼ばれる若者一行が長い旅路を征く、というのがおおむね共通するが、作品によってストーリーや世界観は大きく異なる。シリーズ5作目で登場したモンスターとの共闘に焦点を当てた『ドラゴンクエストモンスターズ』シリーズや、人気モンスターのスライムを主人公とした『スライムもりもりドラゴンクエスト』シリーズなど様々な派生シリーズが存在。

マリオシリーズとの関わり[]

客演・共演[]

いただきストリートDS
当シリーズと同じくエニックス時代から発売しているボードゲーム風シリーズ。タイトルの「DS」は「DRAGON QUEST & SUPER MARIO」の略であるとされ、当シリーズとマリオシリーズのキャラクターや舞台が共演。
いただきストリートWii
MARIO SPORTS MIX
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
追加コンテンツとして当シリーズの主人公が「勇者」としてファイターとして参戦しマリオ達と共演。『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の主人公が基本として参戦し、カラーチェンジによって『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の主人公にチェンジでき、「最後の切りふだ」ではそれ以外の作品の主人公が勢ぞろいする。

パロディ[]

ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔
ピンク色のマスクに赤いリボンを付けたオカマ口調のあらくれ「キャサリン」が登場。同名のキャラクターのパロディと思われる。
スーパーペーパーマリオ
7-4で倒れているエルエル人のウェンエルに話しかけると「へんじがない ただの しんだふりのようだ…」[1]と表示される。
メイド イン ワリオ
ナインボルトステージの雰囲気は当シリーズがモチーフとなっており、「すばやさが あがった!」「レベルが あがった!」「しんでしまうとはなさけない!」[2]など露骨に当シリーズを踏襲したメッセージウィンドウが表示される。
メイド イン ワリオ ゴージャス
初代作のオマージュの意も込めてか、ナインボルトステージの雰囲気は当シリーズのようなRPGがモチーフで、ストーリーにおけるムービーの名前もズバリ「さんすうクエスト」。ムービー中に登場したナインボルトが想像した勇者の雰囲気は本シリーズの勇者ほぼそのまま。各種メッセージウィンドウも登場し、「レベルがあがった!」は据え置きで、スピードアップ時のテキストは「スピードがあがった!」になっているがナインボルトが「すばやさがあがったよ!」と口にする。ゲームオーバー時には「ゲームオーバーとは なにごとだ!」[3]というセリフを言う。

余談[]

  • 初代作『ドラゴンクエスト』の海外版『Dragon Warrior』は任天堂が発売を担当しており、そのローカライズを当時ハル研究所に所属していた岩田聡が務めた。
  • 任天堂の作品『リンクの冒険』には「ユウシャロト ココニネムル」というテキストが表示される墓が登場する。この「勇者ロト」は『ドラゴンクエスト』シリーズにおける伝説の勇者を意味する称号。

脚注[]

  1. 本シリーズに登場する、死体に話しかけようとすると出るお馴染みのセリフ「へんじがない ただのしかばねのようだ…」のパロディ。
  2. 前者2つはレベルアップ時のメッセージ。後者は敗北して死亡した後のコンティニュー時に出るメッセージで、作品によって微妙に表記が変わるが「なさけない!」の表記であるのは『DQII』。
  3. 元ネタの「しんでしまうとは なにごとだ!」というセリフは初代『DQ』でのコンティニュー時メッセージ。

関連項目[]

Advertisement