マリオペディア
Advertisement

スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールドは、2021年2月12日に発売された3Dスーパーマリオシリーズ

概要[]

Wii Uで発売された『スーパーマリオ 3Dワールド』(以下原作)にいくつかの仕様変更を加え、新モード「フューリーワールド」を収録した作品。オンラインでのマルチプレイに対応している。

登場キャラクター[]

原作に登場するキャラはスーパーマリオ 3Dワールド#登場キャラクターを参照。

プレイヤーキャラクター[]

仲間キャラクター[]

ボス[]

主な仕様変更[]

  • フューリーワールドの追加。詳細は当該記事参照。
  • ワールドマップ・ステージでの移動スピード、ファイアボールなどのスピードが上がった。
  • ヒップドロップ中に転がりができるようになり、空中での機動力が増した。
  • コウラボールなどを持った時、ボタンを離さなくても持ち続けるようになった。投げるときは再度そのボタンを押せば良い。
  • キノピオ隊長ステージでマルチプレイが可能になった。
  • 進め! キノピオ隊長』のように、キノピオ隊長の頭のライトでテレサを倒せるようになった。
  • タッチ操作は、ジャイロ操作でポインターを動かす形になった。
  • マイク操作がなくなり、それによってさわって! ふいて! ひきだし山脈がさわって! ひきだし山脈に変化した。そのため、吹いて動くリフトが自動リフトに変化した。
  • 一度グリーンスターハンコを入手できれば、ステージを出ない限りミスをしても取得済の状態になるようになった。
  • スーパーマリオ オデッセイ』のように、ヒップドロップや転がりで土管に直接入れるようになった。
  • ゴールポールの頂点の判定が広くなった。
  • スナップショットモードが追加。写真撮影が可能になった。
  • Miiverseのサービス終了に伴い、ハンコの用途がスナップショットモードでの写真のデコレーションに変化。原作では白黒だったが、色が付いた。
  • 各種ムービーがスキップできるようになった。
  • オートセーブで画面が止まらなくなり、テンポが向上した。
  • ルイージブラザーズ』をやめるとき、直接タイトル画面に戻れるようになった。
  • オンラインプレイでフレンドとの協力プレイが可能になった。
  • ネコマリオの登れる距離、とびつきの滞空時間が延長した。
  • 幅跳び中敵を踏んだ際、幅跳びの効果が継続されるようになった。また、幅跳びの飛距離が伸びた。
  • メニューに「やりなおす」が追加。これによってコースを出てやり直さなくても、すぐにやり直してステージに入る時間をなくすことができる。
Advertisement