マリオペディア
Advertisement
Non mario この記事はマリオシリーズに関連しない事も含まれる事柄についての記事ですが、マリオペディアではマリオ関連についてしか記述していません。また、編集の際はマリオに関連しない方面へ内容を発展させないようにしてください。

スーパーファミコン(Super Famicom)とは、1990年11月21日に任天堂から発売された据置型家庭用ゲーム機。「スーファミ」「SFC」などと略される。「スーパーファミリーコンピュータ」は誤り。

概要[]

ファミリーコンピュータの後継機として開発。16ビットの家庭用ゲーム機としてはセガのメガドライブやNECのPCエンジンなどの後発にあたる。スプライトの回転・拡大・縮小が可能となったほか使用音源なども同時代の一級品を取りそろえている。 1994年に発売された周辺機器『スーパーゲームボーイ』をセットするとゲームボーイ用ソフトをテレビ画面で遊ぶことができ、携帯機と据置機の連動が初めて行われたゲーム機でもあった。 日本での発売から約1年後、日本国外向けに『Super Nintendo Entertainment System』 (通称Super NESSNES) が1991年8月23日には北米で、翌年には英国や欧州で発売された。

発売されたマリオシリーズ[]

発売日は断りがない限り日本国内での発売日を記載。

2Dスーパーマリオシリーズ[]

スーパーマリオワールド - 1990年11月21日発売
スーファミのローンチタイトルのひとつ。ヨッシーが初登場。
スーパーマリオコレクション - 1993年7月14日発売
ファミリーコンピュータ10周年記念タイトル。『SMB』『SMB2』『SMB3』『SMUSA』のリメイク作品。

マリオカートシリーズ[]

スーパーマリオカート - 1992年8月27日発売
マリオカートシリーズ第一作目。

マリオRPGシリーズ[]

スーパーマリオRPG - 1996年3月9日発売
スクウェアとのコラボレーションによるマリオRPGシリーズ第一作目。

ドクターマリオシリーズ[]

ドクターマリオ - 1998年6月1日発売
日本国外では1994年に『Tetris & Dr. Mario』として発売されていたが、日本国内ではニンテンドウパワー書き換えソフトとしての販売のみであった。

ピクロスシリーズ[]

マリオのスーパーピクロス - 1995年9月14日発売
マリオのピクロス』に次ぐシリーズ第二作目。

その他のマリオシリーズ[]

マリオペイント - 1992年7月14日発売
周辺機器『スーパーファミコンマウス』を使用したクリエイティブツール。
マリオとワリオ - 1993年8月27日発売
周辺機器『スーパーファミコンマウス』を使用したパズルアクションゲーム。
レッキングクルー'98 - 1998年1月1日発売
ニンテンドウパワー書き換え用ソフト。
UNDAKE30 鮫亀大作戦マリオバージョン - 1996年配布 - ハドソン
『さめがめ』のマリオバージョン。もともとサテラビューで配信されていたタイトルで、カセット版は大会景品配布のみだった。

発売されたマリオファミリーゲーム[]

ドンキーコングシリーズ[]

スーパードンキーコング - 1994年11月26日発売
レアが開発、任天堂が発売したスーパードンキーコングシリーズ第一作目。2代目ドンキーコングディディーコングらが初登場。
スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー - 1995年11月21日発売
ディクシーコングが初登場。
スーパードンキーコング3 謎のクレミス島 - 1996年11月23日発売

ヨッシーシリーズ[]

ヨッシーのロードハンティング - 1993年7月14日発売
周辺機器『スーパースコープ』を使用したシューティングゲーム。
ヨッシーのクッキー - 1994年7月9日発売 - BPS
同名のファミコン及びゲームボーイ用ソフトのリメイク作品。日本国内では任天堂ではなくBPSが発売した。
ヨッシーのクッキー クルッポン オーブンでクッキー - 非売品 - National
National (現・パナソニック) が発売したオーブンレンジ『クルッポンオーブン』の発売記念に作られた非売品ソフト。「クッキング」モードでは『ヨッシーのクッキー』にも登場する様々なクッキーの作り方を教えてくれ、「ゲーム」モードでは上記の『ヨッシーのクッキー』がそのまま遊べる。
スーパーマリオ ヨッシーアイランド - 1995年8月5日発売
ヨッシーアイランドシリーズ第一作目。

マリオファミリーが出演するゲーム[]

シムシティー - 1991年4月26日発売
特別な建物として「自由の女神」を模した「マリオ像」が登場。また、災害の一つとして登場する怪獣としてクッパが出演。
もと子ちゃんのワンダーキッチン - 非売品 - 味の素
味の素マヨネーズに含まれる酢の殺菌力の説明時、バイキン役としてドクターマリオシリーズウイルスが出演。
スーパースコープ6 - 1993年6月21日発売 - スーパーファミコン
「レーザーブレーダー」の「インターセプト」で、飛行機に乗ったマリオと、それを追いかける水色のロケットに跨ったレミーが登場。レミーを撃ち落とすとミス回数を1回減らすことができる。
ワイルドトラックス - 1994年6月4日発売
マリオが描かれた看板が登場する。
MOTHER2 ギーグの逆襲 - 1994年8月27日発売
ネームエントリー時に「おまかせでいい」を選択したときのランダムネームのひとつにマリオに関連した名前のパターンがある。パターンは以下の通り。
  • マリオ(ネス)、ピーチ(ポーラ)、ルイージ(ジェフ)、キノピオ(プー)、ヨッシー(チビ)、きのこごはん(すきなこんだて)、ゴール(カッコイイとおもうもの)。
また、オネットのゲームセンター内のBGMの中に『ドンキーコング』の100mのBGMがサンプリングとして組み込まれている。
星のカービィ スーパーデラックス - 1996年3月21日発売
スタッフクレジットと、カービィのコピー能力・ストーンのバリエーションのひとつマリオが登場。また、デデデ大王との決戦の舞台やサブゲーム「かちわりメガトンパンチ」の背景で観客としてマリオ、ルイージ、キャサリン、キノピオ、(正規の手段では確認できないが)ピーチ姫、クッパが出演している。
星のカービィ3 - 1998年3月27日発売
敵キャラクターとしてトゲゾーが、困っている人としてファイアフラワーに酷似した「ヒバナモドキ」が登場。
ファミコン探偵倶楽部PART2 うしろに立つ少女 - 1998年4月1日発売
初回起動時にファミリーコンピュータ ディスクシステムの起動画面が現れ、マリオとルイージが登場する。
ピクロスNP - 1999年4月1日発売 (『Vol.1』、以降2ヶ月周期で各ボリュームが発売)
ニンテンドウパワー書き換え用ソフト。各ボリュームの「キャラクターモード」では任天堂のなじみのキャラクターがお題として登場し、『Vol.2』ではヨッシーシリーズ、『Vol.6』ではマリオシリーズ、『Vol.7』ではワリオランドシリーズ、『Vol.8』ではドンキーコングシリーズのキャラクターが登場。

マリオシリーズに関連する任天堂以外の作品[]

ファイナルファンタジーIV - 1991年7月19日発売 - スクウェア
『スーパーマリオRPG』に隠しボス戦闘曲として本作のBGMのアレンジが収録。

スーパーファミコンに関連するマリオ作品[]

スーパーマリオワールド
ノコノコのこうらスイッチの宮殿などスーパーファミコンの4色のボタンをイメージした4色セットのものが多く登場。
スペシャルゾーンのマップでは、スーパーファミコンのロゴマークが輝く。
スーパーペーパーマリオ
カメレゴン城に置かれている。
スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー
キャプテンクルールとの対戦時の背景にコントローラーが置かれている。
ヨッシー ウールワールド
5-S「ぜっきょう!ほしぞらスライダー」でクラフトウールを全て集めると「スーファミヨッシー」が復活する。
メイド イン ワリオ ゴージャス
プチゲーム「スーパーファミコン」を収録。回転するカセットが正しくはまる向きのタイミングでボタンを押して本体に差し込めばクリア。
また、ニンコレとしても登場。

日本未発売のマリオ関連作品[]

任天堂発売[]

Super Mario All-Stars + Super Mario World - 1994年12月発売
『スーパーマリオコレクション』に『スーパーマリオワールド』が追加されたバージョン。『Super NES Mario Set』に同梱された。
Wario's Woods - 1994年12月10日発売
ファミコンソフト『ワリオの森』の移植・続編。グラフィック、サウンドの変更や対戦モードの形式などが変化。
日本国内ではサテラビューで展開された。
Uniracers - 1994年発売(北米) / 1995年4月27日発売(欧州)
プレイできるトラックの一つに「WARIO PAINT」というものがある。
Tetris Attack - 1996年11月発売
日本国内では『パネルでポン』として発売されたタイトルを『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』のキャラクターに差し替えて発売。日本国内ではサテラビューで展開された。

任天堂以外のメーカーが発売[]

Mario Is Missing! - 1993年発売 - SoftwareToolworks (北米)、Mindscape (欧州)
教育ソフト。クッパ城に幽閉されたマリオを救うためルイージが活躍するというストーリー。
Mario's Time Machine - 1993年12月発売 - SoftwareToolworks
教育ソフト。クッパ城の博物館に展示されている人類史の遺物を元の時代に返しに行く、というストーリー。
Mario's Early Years! - 1994年11月発売 - SoftwareToolworks
教育ソフト。

このハードから始まった関連シリーズ[]

F-ZEROシリーズ
  • F-ZERO - 1990年11月21日発売
スターフォックスシリーズ
  • スターフォックス - 1993年2月21日発売

脚注[]

関連記事[]

  • ニンテンドウ64 - 後継機。
  • ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン - 21タイトルのスーファミ用ソフトを収録した手のひらサイズの家庭用ゲーム機。
Advertisement