マリオペディア
Advertisement
マリオペディア

スーパードンキーコング』(Donkey Kong Country)は、1994年11月26日に任天堂から発売されたスーパーファミコンアクションゲーム

概要[]

イギリスのゲーム会社、レア社との共同開発で誕生した、新生ドンキーコングシリーズの第1弾。キャラクター、背景、アイテム、一部文字フォントに至るまで、ゲーム内グラフィックのほとんどが当時の最先端技術である3Dコンピュータグラフィックスによって描画されており、その表示に際しては複数の色を交互に高速に点滅させて、スーパーファミコンの表示可能な色以上の色を表示させている[1]

プロローグ[]

恐ろしいほど風が強い嵐の日の夜のことだった。ドンキーコングに押しつけられ、ディディーコングはバナナ倉庫の見張りを任されていた。しかし、その後にバナナを狙う クレムリン軍団に襲撃され、樽に閉じ込められてしまう。

翌朝、無理やり起こされたドンキーコングはバナナ倉庫の様子を見て愕然とし、しばらくは立ち尽くしていたが、ふと我に帰り、クレムリン軍団の仕業であると確信し、怒りをあらわにしながら駆け出していった。クランキーコングの説教を無視していきながら。

プレイヤーキャラクター[]

ドンキーコングとディディーコングをプレイヤーが操作できる。どちらか一歩を操作し、片方は勝手についてくる。ただしプレイヤーが動かしているコングが被弾してしまうと逃げ出してしまい、残されたコングを操作することになる。この時に残されたコングが被弾してしまうとミスになり、ライフバルーンを1個失う。また穴に落ちた時は2匹揃っていたとしても無条件でミスになる。Aボタンかセレクトボタンを押すことで操作するコングを切り替えることが可能である。また、それぞれのコングには特有の個性があるため、片方のコングでしか取れないアイテムなども存在する。

ドンキーコング
説明書でも元祖ドンキーコングと違うことが強調されている。固有のスキルとして地面に隠れたアイテムなどを掘り起こす「ハンドスラップ」が行える。またドンキーコングであれば楽に倒せる敵も存在する。
ディディーコング
基本的な操作はドンキーコングと同じだが、走りや泳ぎのスピードがドンキーよりも速く、かつジャンプも高い。ドンキーコングに憧れている。

脚注[]

  1. 小学館『ワンダーライフスペシャル スーパードンキーコング 任天堂公式ガイドブック』より

外部リンク[]

Advertisement