マリオペディア
Advertisement
ぐへへ〜〜〜

その ちょうしなんだな
けっこう のってきたかんじかも

—カメレゴン

カメレゴンFrancis)は、ペーパーマリオシリーズに登場するキャラクターである。

概要[]

スーパーペーパーマリオ』に登場。本作では珍しい立体的な体を持ったカメレオン。その容姿は、スーパーキノコスーパースターが大きく描かれたTシャツの小太り姿に、渦巻き模様が付いた四角いメガネと鉢巻、腰のポシェットといったように、2007年当時のオタクの典型的なイメージそのものである。語尾に「なんだな」をつけ震え声で話す、現実の女性に会うとパニックになるが文章上ではやたらと饒舌といったように、言動もオタクの偏ったイメージを誇張したようなものになっている。アニメや漫画、ゲームに写真撮影、そして「カワイコチャン」を心から愛している。特にかわいいものに関しては目がなく、見つけたら片っ端から捕まえてコレクションにしてしまう。一方、なんでも盲信的に受け入れるわけではないらしく、監督が変わってつまらなくなったアニメについては厳しい意見を述べている一面もある。透明化や舌を伸ばして捕食など、カメレオンらしい身体能力もしっかり備えている。

古代の民の城を改築して「カメレゴン城」とし、メイドニャンを始めとする多くのメイドロボと共に暮らしている。この城にはピュアハートが封印されていたが、彼自身はピュアハートとはなんの関係も持たず、お構い無しに大量のコレクションを並べている。コレクションの詳細については「たいけつ!カメレゴン城」を参照。

登場作品[]

スーパーペーパーマリオ
3-1「アンナさらわれる」で初登場。茂みから「ちょーかわいいチョーチョ」のアンナを舌で捕獲し城に連れて帰る。バーリやーはカメレゴンの収集癖について知っていたが、ピクセランドで名が通るほどのオタクだったのか、たまたまバーリやーが知っていたのかは不明。
その後3-4「たいけつ!カメレゴン城」でカメレゴン城に到着した頃には、自室でアンナを檻に閉じ込め、「ジャスミンちゃん」と勝手に名前をつけひたすら写真を撮っていた。城を攻略しピーチで部屋に侵入すると(セキュリティがあるためマリオやクッパでは侵入できない)、リアルなオンナのコが部屋に現れたことで気が動転。「ドキドキ❤︎おしゃべりモード」で恋愛ゲーム風の会話を始めるが、一方的にカメレゴンの好感度が上がるばかりであり、アンナを助けに来たピーチは痺れを切らしてこれを爆破してしまった。そこでピーチの目的を知ると態度を改め勝負を仕掛けてくる。敗北後は暴力反対を叫びながら泣いて逃げて行った。
その後はしばらく行方をくらますが、8-2「げきとつ!」で、サンデールに化けたマネーラに苦手な物を聞かれる際、選択肢で「カメレゴン」を選ぶと再登場。祈りが通じたからまたアンナに会えたと思っており、再び勝負を挑んでくる。ここでも敗北すると、どうすれば勝てるかコンピュータでシミュレーションすると言い残し、またもや泣いて逃げて行く。
ストーリークリア後はカメレゴン城に戻ってきている。アンナの一件を経てクリエイティブなことに情熱を注ぐことに決めたらしく、容姿や性格、機能までアンナそっくりのジャスミン2世を生み出していた。999コインでこれを買い取ってアンナの代わりとして使うことができ、本人はさらに技術を生かしてジャスミン3世を生み出そうと意気込んでいる。一方アニメなどは疎かになってしまったらしく、メイドニャン達からはそれを心配されている。

戦闘[]

HPは40、攻撃力は2。暗黒城で再戦するときも一切ステータスや技に変化はない。トるナゲールで投げれる。

使用技[]

技名は全て仮のもの。

透明化
周囲の背景と同化し身を隠す。この状態のまま移動もするが、次元ワザで3Dの画面に切り替えれば床の影でどこにいるのかわかる。ただし、暗黒城での再戦時は床が真っ黒なので影が見えない。その他、ヘびードンでヒップドロップすることでもいる場所がわかる。
捕食
素早く舌を伸ばして捕食する。Wiiリモコンを振って脱出するまで継続ダメージ。ちなみにマリオ、クッパ、ルイージを捕食している際は慌てながら汗を流しているが、ピーチを捕食している際はニヤけた恍惚の表情を見せる。
フラッシュ
カメラのフラッシュを焚いて画面を真っ白にし、目くらましをする。この直後に透明化を行う。画面が見えてきた頃には姿を消している。
ボムニャン発進
ノートパソコンでボムニャンを複数体召喚する。ここで呼び出される個体には長いアンテナがついている。これをトるナゲールで投げつけて攻撃することもできる。

関連記事[]

Advertisement